ここから本文です

3.11から5年後の被災地を旅して 復興ラッシュといまも続く災害

THE PAGE 2016/3/14(月) 19:02配信

宮城県の女川中学校生徒が考案した「いのちの石碑」。津波が来たときにどう行動すべきかが記されている。過去の津波のあとにも似たような石碑が存在していたが、時の経過とともに忘れ去られていた。今度こそは、いつまでも継承されていほしい 女川町(撮影:村田信一)

(THE PAGE)

最終更新:2016/3/14(月) 19:02

THE PAGE