ここから本文です

360度映像 USJ15周年前夜祭やり過ぎな花火と松岡修造の説教も

2016/3/20(日) 13:48配信

THE PAGE

360度映像 USJ15周年前夜祭やり過ぎな花火と松岡修造の説教も THEPAGE大阪

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=W_kB2bh5OBs
 大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で17日夜に行われた「15周年グランドオープン前夜祭」。「やり過ぎよう、生き返ろう」とUSJリ・ボーン大使の松岡修造が叫び、それを見守る3000人のゲストらの大歓声も合いまり会場の熱気は最高潮に。最後にはとてつもない量の花火や紙吹雪が舞い、記念にふさわしい前夜祭となった。その花火と紙吹雪が舞う会場の様子を画面さわって360度の風景が見られる天球カメラで撮ってみた。

【360度動画と拡大写真】盛大な花火と紙吹雪、松岡修造でUSJは熱気最高潮に(20秒すぎから)

※全天球カメラの映像(※お使いのパソコンやスマートフォンで再生できない場合があります。スマートフォンでは、youtubeアプリでご覧いただけます。

知らないと思うけど『テニスプレイヤー』です

 「それでいいのか」といった叫び声が響き、会場に設置されている大きな地球儀が割れるとともに後光が差すとおもえば、それは金色の衣装に身を包んだ松岡修造が立っている。「RE-BOOOOOOOORN」と両手をあげて叫びながら駆けてくる松岡に、ゲストらはあ然とした表情を浮かべながらも、すぐにジャンプしながら手拍子と掛け声で応える。

 やがて落ち着くと松岡が「ちょっとひと言いわせてくれー」と会場を静め「たぶん知らないと思うけど『テニスプレイヤー』です」「(今こうしているのは)錦織圭のおかげ」などと会場が爆笑の渦に。「はっきりいってさぁ俺もわかってるよテニスプレイヤーなのにこんな洋服着るのおかしいだろ、でもやり過ぎてんだよ。やり過ぎないと人は変わんないんだよ」と訴え、自然と「公開説教」がはじまっていた。

 会場にいたゲストを舞台にあげ、声が小さいと「これからアントニオ修造になります」と、ゲストにまさかのビンタをくらわすのかと思いきや「いくぞー」の掛け声のあと自分の頬にビンタをして「よしっ」という、独特なスタイルの説教は最後まで盛り上がりをみせた。

1/2ページ

最終更新:2016/3/21(月) 11:07
THE PAGE