ここから本文です

スマホ大型化に歯止め 新型のiPhone SEは女性が使いやすいサイズ感に

2016/3/22(火) 7:50配信

BuzzFeed Japan

iPhone 6より小ぶりで、 iPhone 5に近いサイズ感の4インチiPhone SEが発表された。スマホはこれまで大型化の流れが続いてきたが、ここで一区切り。iPhone 6が大きいと感じていた人たちにとって朗報だ。

スマホ以前の時代。小さすぎる携帯電話は、Samsung Jukeのように「ガムと間違えてしまう」などと言われたりもした。

スマホの時代になってからは、端末は大きくなる一方だった。最初のiPhoneは3.5インチ、iPhone 5は4インチ、iPhone 6は4.7インチ。これに加えて、iPhone 6 Plusは5.5インチ。6Sと6S Plusは、発売当初、記録的な売り上げをおさめ、Appleは、大きいサイズの端末はビジネス的には成功してきた、と言っている。

しかし、携帯電話端末は小ぶりなほうが使いやすい、と感じていた人たちは、この流れを必ずしも歓迎していなかった。特に女性たちからは「手が小さいので持ちづらい」「女性用の服のポケットには入らない」など、不満の声があがっていた。

アメリカのプロダクトデザイナーのキャット・イリーは、「世界は男性中心にデザインされている」というブログを書いた。イリーは、日常生活の製品から医薬品まで、あらゆるものが、デザインしている男性にとって使いやすい形と大きさになっている、と指摘している。

イリーは、シートベルトの例を挙げる。車の衝突事故のダミー人形は、1960年代から、男性の平均的な体型を元に作られていた。結果、女性は自動車の交通事故で、男性よりも47%死亡する確率が大きかった。女性の体のサイズのダミー人形は2011年まで作られていなかった。

電動工具なども、男性が使うことを念頭にデザインされており、女性の小さな手にはストレスがあると、イリーは指摘する。これはiPhone 6SやiPhone 6S Plusを使う女性たちから上がってくる意見と似ている。

1/2ページ

最終更新:2016/3/22(火) 7:50
BuzzFeed Japan