ここから本文です

iPhoneでブルーライトを減らす方法

2016/3/22(火) 12:18配信

BuzzFeed Japan

Appleが3月21日(現地時間、日本時間22日)に発表したiOS 9.3にNight Shift機能ができた。

日が暮れると、自動的に画面が暖かみのある色に変化し、ブルーライトを減らす。

どうNight Shift機能をオンにしたらいいのだろう?

まずiOS9.3にアップデートしよう。設定→一般→ソフトウェアアップデート→今すぐインストール

次に機能をオンにする。

設定→「画面表示と明るさ」をタップ

「Night Shift」をタップ

「時間指定」を右にスライド

「開始 終了」をタップ

「日の入から日の出まで」をタップ

実は、ブルーライトが寝つきを悪くさせるという研究結果がいくつも発表されている。

どんな明かりも睡眠を妨げるが、なかでもブルーライトが最もよくないという。というのも、 睡眠のサイクルをコントロールするホルモン「メラトニン」の生成を妨げるからだ。ブルーライトを減らし、睡眠の質を高める。

Appleのサイトの説明はこちら。

「夜間に明るいブルーライトにさらされると、24時間周期の体のリズムに影響が生じて寝つきが悪くなることがあると多くの研究が示しています。Night ShiftはiOSデバイスの時計とジオロケーションを使って現在地の日の入りの時刻を推定し、自動的にディスプレイのカラーを暖色系の色域に切り替えます。そして朝になると通常の設定に戻します。心地よい眠りのために」

でも、新機能が付いたからって、ベッドでスマホをいじりすぎないでくださいね。

最終更新:2016/3/22(火) 12:18
BuzzFeed Japan