ここから本文です

「年金は破たんする!?」はウソです

2016/3/27(日) 10:00配信

THE PAGE

 今回からは老後における収入の話をしたいと思います。老後の収入と言えばまず何と言っても年金、それも公的年金です。ところがどうもこの公的年金、あまり評判が芳しくありません。多くの人が何となく年金に対して不安を抱いていますし、マスコミや金融機関も年金不安を声高に叫びます。

まだ間に合う!?40歳からの明るい老後資金のつくり方

 実は年金不安は最近急に言い出した話ではなく、何十年も前から言われていました。金融機関がいつの時代も年金不安をあおるのは当然です。“年金は破たんする”と訴えることで、彼らは自社の保険や投資信託を販売しているのですから、破たんしないと困るのです。

 事実、私も30年ぐらい前に、証券会社で営業マンをやっていた現役時代にはおおいに年金不安をあおって、金融商品を販売していました(笑)。

 ところが十数年前から企業年金の仕事をするようになり、ついでに公的年金のことも調べてみると、意外にも、公的年金はそれほど頼りないものでも破たん寸前などという状態でもないことがはっきりとわかってきました。

 どうして実態を正確に伝えないのでしょうか。私は政府も厚生労働省も正しい事実を知ってもらう努力が明らかに不足していると思います。

 そこで公的年金にまつわる誤解をわたし流にごくシンプルに解説してみましょう。

公的年金は赤字というわけではない

 よく「公的年金は赤字だ!」と言われます。でも、年金財政は赤字というわけではありません。赤字なのは国の一般会計です。赤字だからこそ毎年国債を発行して支出の穴埋めをし、その借金の合計が1000兆円以上もあるのです。

 ところが公的年金の場合はどうかと言えば、借金どころか貯金が200兆円余りあります(2014年度末)。これが年金特別会計と言われるものです。

 ご存知のように日本の年金制度は単年度決済で、毎年入ってくる年金保険料で年金を支払うしくみになっています。ところが昔と違って今は少子高齢化が進んできたために年金自体の毎年の“入”と“出”で言えば、“出”の方が多くなっているのです(厚生労働省年金財政ホームページ(http://www.mhlw.go.jp/topics/nenkin/zaisei/)より)。

 毎年の収支ということで言えば、これは確かに赤字です。でも今までの貯金がありますから赤字と言っても国の一般会計と違ってすぐに借金する必要はなく、貯金を下ろしていけばいいのです。現実に毎年この貯金の中から5~6兆円ぐらいが補てんされています。

 もちろん何もせずにただ貯金を取り崩していくだけなら、いずれ蓄えがなくなってしまいます。そこでこの貯金が減らないようにするために年金の積立金を運用して増やしています。ところがこの年金の運用にもどうやら誤解があるようです。

1/2ページ

最終更新:2016/3/28(月) 14:15
THE PAGE