ここから本文です

欧州当局は、戦地から戻ったIS戦闘員を監視できていない 高まるテロのリスク

2016/3/27(日) 15:55配信

BuzzFeed Japan

IS(イスラム国)の戦士として、シリアやイラクで戦った何百人ものヨーロッパ人が今、欧州大陸に帰ってきている。しかし、欧州の治安および情報当局は、その全員を監視することができていない。【BuzzFeed Japan】

欧州当局は、パリとブリュッセルでのテロ攻撃をISの継続的なテロ活動の一環だととらえている。一方で、欧州に帰還した戦闘員たちの追跡は大きな課題となっている。
これまで、 4千人から6千人の人々が ISの戦士としてシリア、イラク、リビアで戦うため、欧州各国から旅立っていった。そのうち約10%が、既にヨーロッパ大陸に帰って来たといわれている。多くは、武器や爆弾についての専門知識と、過激なイデオロギーを身につけて戻ってきた。

「ISに加わった人々は、戦士としての訓練を受けています」と、フランスでイスラム戦闘員追跡の任務を指揮する上院議員ナタリー・グレは、BuzzFeed Newsに語る。「私たちは、これを新しい脅威ととらえています」

欧州各地に、400~600人いると推定される帰還戦闘員。ヨーロッパ各国が共有している情報は乏しく、 当局は監視することができていない。「トルコはベルギーに情報を送ったと言っていますが、誰もそれに注意を払っていませんでした」とグレ。「私たちはもっと協力する必要があります」

IS戦闘員の中には、負傷して戦場にうんざりした者や、ISに幻滅した者もいたかもしれない。そうだとしても、帰国した戦闘員の大半は、その国の情報当局に難題をもたらすと米のテロ対策の専門家、マルコム・ナンスは指摘する。ナンスは、フランス情報当局が自国内にいる戦闘員を「非常によく把握している」と言いつつ、「国内にいる人なら誰でも追跡できるというわけではない」と付け加えた。

グレは、仏当局が国内にいる戦闘員を把握する能力について「当面は非常に不安に思っています」と懸念する。

1/2ページ

最終更新:2016/3/27(日) 16:39
BuzzFeed Japan