ここから本文です

”老後貧乏”避けたいなら、まずはマトリックスを作ってみよう!

2016/4/3(日) 10:00配信

THE PAGE

 老後に向けたお金の準備で大切なことはまず「何がわからないか」を知ること。そして「わからないことをわかるようにすること」だということを以前にお話ししました。そして1億円かかることの真偽や公的年金はそれほど頼りにならないものでもないということも述べた通りです。

まだ間に合う!?40歳からの明るい老後資金のつくり方

 つまり老後の3つの不安のうち、“老後にどれぐらい生活費がかかるかわからない” 不安、そして“老後にどれぐらいお金が入ってくるのかわからない”不安についておおよその考え方を述べてきたわけです。

 今回は三つめの不安、すなわち“どれぐらいお金を準備すれば大丈夫なのかがわからない”不安についてお話ししましょう。

マトリックスを作ってみる

 具体的な方法は、「マトリックスを作ること」です。それはどんなものかと言うと、“入”と“出”のマトリックスです。それぞれのケースを想定して作ってみるのです。では、やってみましょう。

 まず“出”の方ですが、老後に1億円かかる根拠は生活費を月額35万円と置いて、平均寿命まで生きる前提で計算されていることはお話ししたとおりです。ところがこの月々の生活費を25万円にすれば生涯生活費は7500万円になります。20万円になれば6000万円ですが、逆に50万円になれば1億5000万円かかります。
 
 次に“入”を考えてみましょう。公的年金だけでどれぐらい受け取れるのか?計算にあたってはサラリーマンで厚生年金に加入しており、給料が月38万円で配偶者が全く仕事をしていないという前提を置きました。「ねんきんネット」で試算してみますと、平均寿命まで生きた場合の生涯年金収入は6750万円と出ました。

 さらにサラリーマンであればこれに加えて退職金や企業年金の出る場合もあります。仮に退職金が1000万円なら合計で7750万円、2000万円なら8750万円になります。また、このケースでは配偶者が無職の場合ですが、もし仕事を持っていれば公的年金の金額はさらに増えることになります。

 こうやって“入”と“出”について様々なケースを想定したらこのようなマトリックスを作ってみるのです。

1/2ページ

最終更新:2016/4/3(日) 10:00
THE PAGE