ここから本文です

1分でわかるiPhone SE、実機レビュー

2016/3/31(木) 7:05配信

BuzzFeed Japan

本日アップルから発売されるiPhone SE。サイズは2013年にリリースされたiPhone 5sと同じ4インチだ。近年、巨大化し続けていたスマートフォン業界へ新たな一手となるのだろうか。「見た目・カメラ・使い心地」3点に触れ、実機レビューする。【BuzzFeed Japan / 嘉島唯】

■見た目

iPhone SEのディスプレイは前述のとおり4インチ。そのためボディは小さく、高さ:123.8 mm / 幅:58.6 mm / 厚さ:7.6 mmとなっている。これは、名刺程度の横幅なので、片手にすっぽり収まるサイズ感だ。もちろんポケットにも入る。

巨大なスマートフォンは、コンテンツが見やすいという利点があったが片手で操作しづらかった。4インチのiPhoneは、画面右端のアプリも楽に起動することができる。

丸みをおびていたiPhone 6以降の機種とは違ってカクっとした縁取りに回帰した。iPhone 5sを踏襲したデザインだが、表面にビーズを吹き付けているため、サラサラとした触り心地になっている。まるでサテン生地のようだ。

■カメラ

iPhone SEのメインカメラは6sと同じ1200万画素。iPhone 5sや6は800万画素なので、比べてみると一目瞭然だ。シャッターをおすだけできめ細やかな写真を撮影することができる。

一方、内部についたカメラは120万画素。6sにはこの点で劣る。しかし一方で、最新技術の「Retina Flash」が使用できる。これは、画面自体が光ってフラッシュ機能になるもので、暗いところでもセルフィーをき美しく撮影可能だ。

■使い心地

SEに使用されているのは、6sと同じA9チップ。これによって、使用感の「サクサク」具合は5sと6よりも格段に向上している。

また、小さなボディながらバッテリーの保ちは、iPhone 6sと同等。連続待機時間は、最大10日間。連続通話は最大14時間。Webブラウジングも約13時間ほど可能だという。

ただ、SEには6sから搭載されている3D Touchなどの機能は搭載されていない。これは、ディスプレイに加えた圧力の大きさを感知し、操作ができるようになる機能だ。

そんなiPhone SEの価格は、16GBで5万2800円。64GBで6万4800円だ。フラッグシップ端末の6sは8万6800円~、6s Plusは9万8800円~。一部機能は搭載されていないものの、基本的な部分は十分に網羅している。6sとの3万円以上の価格差を踏まえると、かなりの値下げに踏み切ったことが伺える。

端末を安くすることで、およそ6000万人いると言われる非スマートフォンユーザーを狙い、また一方でクオリティを保つことで従来ユーザーの気持ちを掴む。新年度が始まる前のこの時期は、最もスマートフォンが売れる時期でもある。大きな波となりそうだ。

最終更新:2016/3/31(木) 7:05
BuzzFeed Japan