ここから本文です

セオリー無視は正しかったのか? 阪神、マテオ、3イニング起用の是非

2016/4/1(金) 6:00配信

THE PAGE

 ヤクルトと阪神の3回戦は31日、神宮球場で行われ、延長12回を戦い決着がつかず6-6の引き分けとなった。この試合で、継投の是非を問われることになったのが、阪神の新守護神、マルコス・マテオ(31)の3イニング起用だ。

 5-5の同点で迎えた9回に投入されたマテオは、川端、山田、畠山のヤクルトが誇る中軸を3者連続三振。延長10回二死走者無しで、マテオに打席が回ってくると、そのままバッターボックスに立った。
 “髭魔人”のフルスイングに神宮は、異様な盛り上がりを見せたが、セカンドフライに倒れ、10回のマウンドへ。だが、慣れないフルスイングで異常が発生したのか、ストライクが入らない。

 しきりにボールが滑るような素振りをして雄平をストレートの四球で歩かせると、マウンド上へ香田コーチが走り審判団と何やら協議すると、マテオがピッチング練習を始めた。これには真中監督が猛抗議。明らかなアクシデントが見られなかったのだから当然だろう。結局、抗議は認められず、試合が再開すると、バントで得点圏に走者を進められたが、マテオは立ち直って西浦を三ゴロ、中村をショートフライに打ち取った。

 本来ならばここでお役御免だったのかもしれないが、11回表に、スーパールーキー、高山のこの日4本目のヒットを皮切りに満塁にチャンスを広げ、鳥谷が押し出し四球を選び6-5と1点を勝ち越すと、ベンチはマテオを3イニング目のマウンドへ送り出したのだ。

 一死から坂口に四球を与えると、マテオの焦りが手にとるようにわかった。セットポジションで静止せずにボークで二塁へ進まれ、川端にキレの悪くなったカットボールをジャストミートされ、打球はライト線を抜ける二塁打となって同点とされた。一塁が空いているため山田との勝負を避け、代打・森岡を二塁ゴロ、二、三塁となったことから雄平を再び歩かせ、満塁策をとって荒木と勝負したが、11球も粘られた。最後はショートゴロに打ち取ったが、球数は61球に至った。

 ブルペンに残っていたのは、2軍から昇格させたばかりの金田と、左腕、榎田の2人だけ。おそらくベンチはマテオの続投と、その2人の力量を比較して、マテオの3イニング目を決断したのだろう。マテオがタフだという理由もある。だが結果的に、その続投は失敗。おまけに今日、1日の横浜DeNA戦では、さすがにマテオは使えなくなり、守護神不在で連戦に臨まねばならなくなった。

 元千葉ロッテの評論家の里崎智也氏は、「現場がどういう理由で決断したのかがわかりませんので、無責任に評論はできないですが、ストッパーのこの時期の3イニング起用は聞いたことがありません。明日は使えなくなるわけですからね。僅差の勝ちゲームの展開になると影響は出るでしょう。
 おそらくですが、マテオ以外の投手への信頼がなかったのでしょう。しかし、負けなかったわけですから失敗とも言えません。このマテオの起用方法の是非の答えが出るのは、もっともっと先でしょう」という意見だ。
   

1/2ページ

最終更新:2016/4/1(金) 7:38
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/23(木) 5:25