ここから本文です

「ウェーイwww」の意味ってなに? ウェイ系大学生と言語学者に聞く

2016/4/3(日) 11:53配信

BuzzFeed Japan

若者言葉に「ウェーイwww」という言葉があります。しかし、そのハッキリとした意味は提示されていません。

彼らは一体どのような意味合いで使っているのでしょうか? BuzzFeedは、「ウェーイwww」の真相に迫りました。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

そもそも本当に「ウェーイwww」は使われているのでしょうか? 現役慶應大学生の橋本登希男さんに聞いてみました。

ーーそもそも「ウェーイwww」って実際に使ってますか?

使っていますよ。使い方としては、仲間で集まった時や飲み会などで、乾杯したり、テンションが上がったりしたりした時に、「ウェーイwww」と出ちゃってるのかもしれません。故意に使うことはあまりないですね。

ーー「ウェーイwww」ってどんな意味なんですか。あと語源は。
意味としては、「テンション上がる~~~!!」「おお~~~!!(友達と会ったり、合流したりした時)」「おもしろいwwww(誰かがなんかすごいこと、おもろいことをやったとき)」とか広いですね。

語源は、なんとなく「ワイワイしてる」からきてる気がします。そのワイワイしてる風景を揶揄した&飲み会やみんなで集まったときの調子の乗り具合、口から不意に出てる言葉から「ウェーイwww」に変化したのかもしれません。

ーー最初、どこで覚えましたか。

やっぱり飲み会とかですかね。あとはチャラい奴らを見て、「ウェイ系」と揶揄されて聞くことが多いです。俺もたぶんそこにカテゴライズされていると思うので。。最近だと「ウェーイwww」という言葉自体よりは、「ウェイ系」とカテゴライズされる方がメジャーというか、多く使われている印象ですね。

「若者言葉事典」などの著者で、椙山女学園大学人間関係学部教授の加藤主税(ちから)さんにも話を聞きました。

ーー「ウェーイwww」の語源、わかりますか?

3月に発表した「若者コトバ事典」には、「(笑)→w→www→ 草」に変化したという説明があります。

これは主にSNS言葉。実際に話す時は「ウェーイ」だけで、今回のように「ウェーイゥゥゥ(www)」と語尾を強調するものは、あまり聞いたことがありませんね。
ちなみに「ウェーイ」だけですと、昔からあって、若者言葉ではないのです。掛け声の「エーイ」を強調すると、ウェーイになります。

アーはワー、オーはウォー(ヲー)、オタクはウォタク(ヲタク)になるのと同じです。wwwを付けることにより、より強調する効果があるのかもしれませんね。

最終更新:2016/4/3(日) 11:53
BuzzFeed Japan