ここから本文です

ホロ苦先発デビューのオコエに「バントできない」の衝撃事実発覚?!

2016/4/4(月) 7:00配信

THE PAGE

 楽天のドラフト1位、オコエ瑠偉外野手(18)が3日のコボスタ宮城で行われた西武戦に、「2番・センター」でプロ初のスタメン出場。結果は3タコで、8回のバントが必要な打席では代打を送られ、ファンが待ち望んでいるプロ初安打はお預けとなった。しかも、バントができないという衝撃的欠陥まで判明してしまった。今後は、1、2軍の掛け持ちでスキルアップのための経験を積むことになる。
   

 運を味方につけることはできなかった。松井稼の怪我で巡ってきた開幕8試合目にしてのスタメンチャンス。その第一打席は、初回1死走者無しの場面でやってきた。「初球から積極的にいくのが僕の持ち味」と、オコエは、西武の新外国人、左腕のバンヘッケンのストレートを狙ったが、バットの芯で捉えることはできず、打球はポーンと内野へあがった。

 第2打席が、物議をかもしだす打席だった。
3回無死一、二塁の先制機。2番バッターの役割としては、バントのケースだったが、梨田監督がとったのは強攻策。カウント1-2から、ストレートをまたしても打ち損じた。セカンド上空へのフライにインフィールドフライが宣告された。

 実は、梨田監督には、バントのサインを出したくても出せない事情があったという。
「オコエは高校時代からバントが得意じゃない。失敗させるのも申し訳ないからね。2回はヒッティングをさせた」

 5回の第3打席はフォークをひっかけて三塁ゴロに終わり、2-2の同点で迎えた8回無死一塁で、4度目の打席が回ってきたが、ベンチはバントのできないオコエに代わって、代打・福田をコールして、福田がバントを成功させている。

 試合後、オコエは「1軍ではいろんなことができないと駄目。バントという課題も出た」と反省したが、今後、レギュラーの位置を手にするためには、バントの失敗を誘導するプロの投球の中でバント成功率を高める経験が必要だろう。スキルを身につけなければ、今後オコエが再びスタメン出場をした場合、相手ベンチにバント無しのベンチの戦略が読まれてしまう。ヤクルトの川端のようにヒットでつなげば、何も問題はないのだろうが、この日の3打席は上から目線で手玉に取られた。

1/2ページ

最終更新:2016/4/4(月) 12:59
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/22(水) 16:50