ここから本文です

移民反対で支持広げるトランプ氏 でも、超有名企業のトップたちは……

2016/4/4(月) 9:00配信

BuzzFeed Japan

アメリカ大統領で共和党の有力候補となっているドナルド・トランプ氏は、移民反対派として知られる。移民がアメリカ人の雇用を奪うという不満が、支持を広げる要素の一つとなっている。しかし、移民の存在は経済に活力を生む面もある。【BuzzFeed Japan / 古田大輔】

米シンクタンク「NFAP」が2016年3月に発表した調査によると、企業価値が10億ドル(約1100億円)を超えるアメリカの未上場企業の51%は移民が創業したという。

例えば、テスラ・モーターズやSpace Xなど名だたる新興企業を率いるイーロン・マスクは南アフリカ出身。

移民創業者の出身国は、インド、カナダ、イギリス、イスラエル、ドイツ、中国、フランス、韓国など多様だ。

レポートは、これらの企業が生み出している経済的な貢献の大きさに触れ、「数万のアメリカ人に仕事を与え、その製品やサービスを数百万のアメリカ人が利用している」と述べている。

もちろん、未上場の新興企業以外にも、他国にルーツがある創業者はたくさんいる。

Appleの故スティーブ・ジョブズはシリア移民の子。Googleのセルゲイ・ブリンは旧ソ連出身で6歳で米国に移住。Yahoo!共同創業者のジェリー・ヤンは台湾出身で10歳でアメリカに移住。Paypal共同創業者のマックス・レブチンはウクライナ出身で16歳で米国に移住。

全米上位500社の40%は移民か、移民の子が創設したとの2011年の調査もある。

これまで上げた以外にも、GE、IBM、マクドナルド、ウォルト・ディズニー、オラクル、ボーイング……。枚挙にいとまがない。

ちなみにトランプ氏の妻メラニアさんは、スロベニア移民だ。

最終更新:2016/4/4(月) 9:00
BuzzFeed Japan