ここから本文です

ニラとスイセンを取り違えて食中毒 厚労省も注意喚起

2016/4/10(日) 11:12配信

BuzzFeed Japan

「ニラとスイセンを誤食、食中毒に」。そのような事故が全国で起きている。4月4日には熊本で、兵庫、石川などで食中毒の報告が上がる。

中華丼に誤ってスイセンの葉を入れてしまうケースや、直販所で間違えて販売するケースもあり、頭痛、嘔吐などに見舞われるという。

【BuzzFeed / 嘉島唯】

実は、ニラとスイセンの誤食は過去10年で149名。とのため、厚生労働省も、少し懐かしいテイストで注意喚起している。

「ジャガイモでの食中毒を除けば、植物の誤食でニラとスイセンを間違える例は最も多いですね。庭で間違って採取すると、よく聞きます」と厚生労働省の担当者。

ニラとスイセン。かけ離れたイメージがあるが、実は想像以上に見分けがつかない。
スイセンはニラよりも「葉の幅が広い、草丈が高い、葉が厚い」など特徴があるが、花が咲いていなければ区別は難しい。

さらに、東京都薬用植物園のウェブサイトには「ニラの中にスイセンが混ざって生えていることがあります。他より際立って大きいものは採るのは止めましょう」と記載がある。生息する場所も似ているのだ。

最終更新:2016/4/10(日) 11:12
BuzzFeed Japan