ここから本文です

ネットテレビ「AbemaTV」紛らわしい名前にCA藤田社長も「後悔している」

2016/4/13(水) 11:40配信

BuzzFeed Japan

サイバーエージェントがテレビ朝日と共同で、ネットのテレビ局「AbemaTV」をオープンしたが、名前が紛らわしいと話題になっている。よく見ると、同社の既存ブランド「Ameba」ではなく、似ているけど微妙に違う「Abema」なのだ。これについて同社藤田晋社長も「後悔しています」とブログでコメント。なぜこんな名前にしたのだろうか。【BuzzFeed Japan / 鳴海淳義】

AbemaTVという名前に後悔

藤田晋社長のもとには、「AbemaTVは、なぜAmebaTVじゃないんですか?」という質問が何度も繰り返されたという。ネーミングについてブログでこう綴っている。

「正直言って、半分くらい後悔しています」

「覚えにくい、発音しにくい、間違えやすいの3点セットで、正直自分でもたまに言い間違えてます」

しかしすでに全国CMも始まっており、後戻りは不可能。「圧倒的なものにしてしまえば覚えにくさは関係ないはず。もともとそこがゴールです」と決意を固めたようだ。

「AmebaTV」は使いたくても使えなかった?

じつは2015年11月時点で、投資家向けの質問掲示板にこんな投稿があった。

「新規事業のAmeba TVですが、まったく同名の海外でリリースされたサービスがあります。サービス内容も何となく似ている気がします。商標やビジネスモデルの侵害にはならないか、多少気がかりです」

これに対するサイバーエージェント側の回答は以下のようなものだ。

“新規事業として取り組んでおります動画サービスの名称は、「AbemaTV」でございます。

※紛らわしく恐縮ですが、「AmebaTV」ではございません。

サービス提供元の株式会社AbemaTVは、株式会社テレビ朝日と共同で4月16日に設立し、同月に、日本国内における「AbemaTV」の商標権申請を行いました。尚、海外に関しましては先使用主義のため、現状、申請はできません

また、仮に、同名称のサービスが海外にあった場合も、そのサービスが、日本国内で商標を取得していない限り、当社が、他社サービスを侵害していることになりません。

現在、審査中ではございますが、商標上、第三者の権利侵害をしていることはありませんので、ご安心頂けますと幸いです。”

藤田社長は「全く新しいものを創るつもりだったので、10年以上やってきたAmebaではなく新しさがほしたかったことと、Amebaの延長であることも伝えたかった」とブログで述べている。

ただ実際は海外で同様のサービスがあるため、「AmebaTV」という名称を使いたくても使えなかった可能性もある。

最終更新:2016/4/13(水) 11:40
BuzzFeed Japan