ここから本文です

南米エクアドルでM7.8の地震 死者77人に

2016/4/17(日) 13:51配信

BuzzFeed Japan

16日午後6時58分(日本時間17日午前8時58分)ごろ、南米エクアドルの太平洋沿岸でM7.8の地震が発生した。当局によれば、77人の死者が出ている。気象庁は、この地震について、日本への津波の影響はないと発表した。【BuzzFeed Japan / 山光瑛美】

アメリカ地質調査所によると、エクアドルの首都キトから約400キロ離れているムイスネで地震があった。当初は地震の規模はM7.4と報告されていたが、M7.8に変更した。

エクアドルのホルヘ・グラス副大統領は77人が死亡、588人がけがをしたと発表した。

地震を受けて、エクアドルのラファエル・コレア大統領は、当局は被害の規模を調査していると国民に告げた。

地震発生後、エクアドル政府は6県において緊急事態を宣言した。

キトでは40秒ほどの揺れを感じた人がいるとAP通信は報じている。国家警察は、ヒビが入っている可能性がある歩道橋を避けるように警告している。

キト、そしてキトから約420km南にあるグアヤキルでは停電が発生。揺れは周辺地域でも感知されたと報じられている。

地震の影響により、サッカー大会などのイベントは中止された。グラス副大統領は治安を守るため国家警察と軍の誘導を呼びかけている。

地元報道によると、グアヤキルにある空港が被害を受け、閉鎖している。

太平洋津波警報センターは地震による津波を警告している。コレア大統領は、現在津波は観測されていないと述べているが、警戒し海岸には近づかないよう忠告している。


更新:16時33分現在、被害状況を更新しました。

最終更新:2016/4/17(日) 16:31
BuzzFeed Japan