ここから本文です

伊藤英明 親になって事務所社長の愛を改めて実感した

2016/5/1(日) 12:00配信

THE PAGE

 人気コミックを実写化した映画「テラフォーマーズ」(公開中)で、男気あふれる主人公・小町小吉を演じている俳優・伊藤英明さん(40)。放送中のフジテレビ系ドラマ「僕のヤバイ妻」にも主演するなど、まさに絶好調の仕事ぶりですが、私生活でも2014年に結婚、昨年には長男も誕生しました。そんな公私ともに充実している伊藤さんが、その礎を築いた恩人への思い、そして、秘めた覚悟について語りました。

【拡大写真入りの記事】<私の恩人>事務所社長との思い出を語る伊藤英明さん

 恩人ですよね。もっと名前を聞いてすぐ分かるような人の方がいいのかもしれませんけど、やっぱりどう考えても事務所の社長、小笠原明男(おがさわら・あきお)さんです。

 僕が芸能界に入ったきっかけは「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」(1993年)だったんですけど、最初の事務所を3ヵ月くらいで辞めて、次の事務所も辞めて、そこから芸能界の仕事からは離れて、3年くらい家の解体のアルバイトをしていたんです。

 やっているうちに現場を任されるようになったりして(笑)、しっかりと楽しんでやっていたんですけど、ある日、先輩に連れられて焼肉店に行ったんです。混んでいたので店先で並んでいたら、通りがかりの男の人から「君、何してるの?」って声をかけられました。それが、芸能プロダクションの部長さんで、この部長さんがたまたま僕の先輩と仲良くて、そんなつながりから紹介されたのが「A-team(エーチーム)」という今の事務所だったんです。

 そこから「A-team」の社長である明男さんから電話がかかってくるようになったんですけど、実は僕はあまり乗り気じゃなくて。「事務所に遊びに来いよ」と言われたんですけど、3ヵ月くらいそのままにしていたら、電話がかかってきたんですよ。「で、いつ来るんだ?」と。それでも3ヵ月ほど放置していたら「お前、この前来るって言ったじゃないか!!」と。それでも行かずにまた3ヵ月くらい経ったら、またまた電話がかかってきて、すごい剣幕で「来るって言ったら来いよ!!お前みたいなのは、東京に埋もれてダメになってしまう!!」って。

 なんでこの人にそんなこと言われなくちゃいけないんだと思いつつも(笑)、さすがに事務所に行きまして、それで入ることになったんです。

1/3ページ

最終更新:2016/5/1(日) 12:36
THE PAGE