ここから本文です

日本の大学、企業で英語は本当に必要なのか

2016/5/3(火) 9:00配信

THE PAGE

 東京工業大学の入学式において学長が英語でスピーチを行ったことが話題となりました。日本では昔から英語の重要性が叫ばれており、企業もグローバル化を進めているといわれていますが、あまり英語が上達した様子はありません。日本において英語はどの程度必要なのでしょうか。

理系の大学生は必須だが、職場ではあまり使われてない?

 東工大は理工系の大学ですので、主に専門課程を学ぶ3年生以降になると、嫌でも英語を使わざるを得なくなります。学術論文は基本的に英語で書かれていますので、英語が読み書きできないと、研究活動そのものに支障が出てくるからです。理工系学部出身の研究者やエンジニアの多くは、流ちょうに英語を話すわけではありませんが、最低限の英語の素養を持っていることがほとんどです。その意味では、学長があえて英語でスピーチしたことには、それほど深い意味はなく、できるだけ早く英語に慣れておくようにというメッセージなのかもしれません。

 もっとも、社内公用語を英語にしている楽天や外資系企業などを除いて、一般的な職場においては、英語を使う機会はほとんどないというのが現実です。日本国内には同じ言語を話す1億人以上の人が生活しています。1億以上の人口があって、英語以外を母国語とし、かつ生活水準が高い国はそうそうありません。

 企業は高いリスクを取って海外に出るよりも、とりあえず目の前の日本市場に集中した方が得策ですから、英語はどうしても後回しになってしまいます。日本は極めて特殊な環境に置かれた国であり、それゆえに英語を積極的に学ぶ必要性が薄かったわけです。

英語に対する関心は高い日本

 しかし英語に対する日本人の感情は少々アンビバレントです。日本では、英語に対するニーズが少ないにも関わらず、英語教育の重要性はかなり以前から声高に叫ばれてきました。また英語ができる人が世間で高く評価される傾向も強く、英語についての国民的な関心は高いといってよいでしょう。このようなかい離が生じているのは少々不思議なところです。

 ただ、英語ができなくてもよいというのは、もはや過去の話となりつつあります。日本は人口減少という大問題に直面していますが、世界の人口やGDP(国内総生産)は日本とは関係なく成長していきます。日本人が今の生活水準を維持するためには、諸外国と同じペースで成長を続けなければなりません。企業の海外進出は必須であり、英語は最低限のスキルということになるでしょう。

 また日本国内においても、日本人を相手にしているだけでは売上高を伸ばすことができなくなりつつあります。2020年の東京オリンピックを控え、より多くの外国人観光客を迎え入れるためにはやはり英語のスキルが必要となるはずです。

(The Capital Tribune Japan)

最終更新:2016/5/3(火) 9:00
THE PAGE