ここから本文です

<速報>緊急昇格した横浜DeNAの梶谷が復帰初戦で先制タイムリー!

2016/5/4(水) 15:01配信

THE PAGE

 脇腹を痛め開幕から1軍メンバーから外れていた横浜DeNAの梶谷隆幸(27)が4日、1軍登録され、横浜スタジアムで行われたヤクルト戦で「3番・センター」でスタメン出場。待望の復帰戦を価値ある先制タイムリーで飾った。ヤクルトの先発、新垣に対して第一打席は三振に倒れたが、4回一死二塁の得点機に巡ってきた第二打席にライト前へクリーンヒット。0-0の均衡を破る先制タイムリーとなった。

「よかった。ほっとした。ようやく開幕した。ピッチャーの石田ががんばっているので、なんとか勝ちをつけさせてあげたい。まだまだもう1本!」

 試合中に広報を通じて、こんなコメントを残した梶谷は、その言葉通りに、6回にも一死から強風にうまく打球を乗せてセンターのフェンスを直撃する三塁打。続くロペスのレフトへの犠牲フライで2点目のホームを踏んだ。

 ラミレス監督は「2番・梶谷」の構想を抱いていたが、キャンプ中に脇腹を痛めて戦線を離脱。痛めた場所が場所だけに回復までに時間がかかったが、ファームでは、4試合に出場、打率.471、2本塁打、7打点の数字を残していた。チームは、筒香まで怪我で欠き、セ・リーグの借金をすべて背負いこむほどのピンチに陥っており、この日、ラミレス監督が、打線強化のため緊急昇格させたのだが、梶谷は、その期待に見事に応えた。

横浜DeNAは好投の石田から須田、三上、田中と決死のリレー。1点差に詰め寄られたが、9回は守護神の山崎が無失点に抑えて3-2のスコアで連敗をストップした。
   

最終更新:2016/5/4(水) 18:19
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/25(月) 20:55