ここから本文です

全国のタイガーマスクに伝えたい。いま児童養護施設に必要なもの、いらないもの

2016/5/5(木) 14:49配信

BuzzFeed Japan

2010年頃から始まった「タイガーマスク運動」。匿名の人が児童養護施設にランドセルを贈る運動だが、先日、Twitter上に、児童養護施設の保育士と思われるユーザーが「ランドセルはいらない」と投稿。賛否両論を呼んだ。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

では、いま本当に児童養護施設に必要なモノ、いらないモノはなんだろう?

BuzzFeedは、全国児童養護施設協議副会長の武藤素明さんに話を聞いた。

ーーいま児童養護施設に必要なものは?

昔に比べ、施設には幼稚園に通う子から高校生まで幅広い年齢の子がいます。そういった背景もあるので、「すべての子どもたちが必要としているもの」というのは非常に難しいです。

ランドセルに関して言うと、現在、施設に入っている子の多くには、一緒に住んでいないけれど親がいます。「せめてランドセルだけでも買わせてくれ」と親や祖父母が購入するケースが多い。一概にランドセルが必要というわけではありません。

なので、寄付をしていただけるなら、まずは電話をしてもらえないでしょうか?

子どもたちのニーズも多様化しているのが現状なので、寄付の相談を受け、金額規模などを聞き、我々がそれに見合って不足しているものを提示します。そうすればミスマッチは避けられる。寄付してくださる方も、せっかくなら役に立つものの方が嬉しいと思いますし。

施設に入居する子で、ほかの子を見て「ピアノを習いたい」と望む子もいます。

習い事は、自己肯定感を付けるためには大切なことです。なので、現金はありがたいです。使い道も委ねてくれますし。その際は、公報誌などで使い道と、子どもたちがどう成長したかをしっかりと伝えていきます。

タイガーマスク運動ピーク時には、ランドセルが大量に寄付され、余ったそうだ。足りていない施設に回したり、被災地で困っている場所に送ったりしたとのこと。「決して感謝の気持ちは無駄にしていない」と武藤さんは話す。

1/2ページ

最終更新:2016/5/5(木) 14:55
BuzzFeed Japan