ここから本文です

一橋大・ゲイとばらされ亡くなった学生 遺族が語った「後悔」と「疑問」

2016/8/13(土) 13:34配信

BuzzFeed Japan

遺族の思い

息子はなぜ、ここまで追い詰められたのか。それを知りたいと、遺族は何度も学校に問い合わせた。

「息子が、大学のハラスメント窓口に何を訴えていたのか、記録をみせてほしい」

「亡くなった日の分も含め、保健センターでの相談記録をみせてほしい」

だが、大学は「公務員あるいは医師の守秘義務の保持の観点から開示はお断りします」と言ってきた。

クラスメイトに事情を聞きたいという要望には、「教育的見地から面談はお差し控えくださるよう希望いたします」。

そして、一度は「自宅に説明に伺う」と言っていたのも「撤回します」と告げてきた。

両親は愕然とした。プライバシー情報は、本人が生きているなら、親でも見せてもらえないのはわかる。しかし、亡くなった息子のことを親が知りたいと願った時に、この対応はなんだ。

「こんなのは、まるでクレーマー扱いじゃないか」

残された「文書」

遺族は、裁判をするための「証拠保全」という制度を使って、大学に残っていた文書の一部を手に入れた。

さらに、A君がパソコンの中に保存していた文書にも、事件のことがいろいろと書いてあった。遺品を整理していた妹が、パソコンの「今回」というフォルダの中に、いろいろな資料がまとめて入っているのを見つけた。

「いつでも訴えられるよう、準備をしていたのでしょう」

ZくんがアウティングをしたときのLINEの画面も、そのフォルダに保存されていた。

直筆のメッセージ

Aくんは8月に、大学のハラスメント委員会にZくんの行為を申し立て、書類を出していた。その中で、Zくんが「ゲイだ」と同級生たちにバラしたこと。その後、机をバンバンと叩きながら名前を呼んだりした行為が「ハラスメントに当たる」と訴えていた。

Aくんがこう考えた背景を補足する。

ZくんがLINEでばらした相手は7人。その中にはAくんに「Zの持ってる兵器はAにとってものすごい破壊力を持つものだとおもうから、ここはAの方が大人になって、ぐっとこらえよう」とアドバイスをしてくる人もいた。

つまり、これ以上ゲイだとバラされたくなければ、我慢しろ、ということだ。

ゲイだという話がこれ以上広まる事態を、Aくんは心の底から恐れていた。

弁護士業界は狭い。人口4万人未満の町のようなものだ。誰がどこで何をしているか、サイトで検索すれば瞬時にわかる。ロースクールの元同級生とは、裁判所や弁護士会館などで、日常的に顔を合わせてもおかしくない。裁判の相手として、戦わなければならない場合すらある。

書類には、さらに以下のような記述がある。

「あなたの今の気持ちはどのようですか」という欄。

「毎日が苦痛です。この件について考えないようにと、周りの人は助言をしてくれるが、何をしていても、アウティングされてしまいどうしようという気持ちや恨みに思う気持ち、悲しいと思う気持ち、助けてくれる周りの人への申し訳なさが順番に至り、ごちゃごちゃになったりという心境です」

LINEでアウティング被害を受けたとき、Aくんがなぜあのように返信したかの説明もある。

「アウティング時には、憲法のテストの直前で、絶望的な気分になりましたが、とぼけることしかできず、『たとえそうだとして何かある?笑』『これ憲法同性愛者の人権来るんじゃね?笑』と返信せざるを得ませんでした」

4/6ページ

最終更新:2016/8/13(土) 15:18
BuzzFeed Japan