ここから本文です

インタビュー鈴木宗男氏に聞く(全文2)日ロ関係前進「世界の安定に資する」

2016/10/24(月) 16:35配信

THE PAGE

安倍首相の経済協力にプーチン大統領は関心 北方問題解決に意欲

――最近報道で、ロシア側からのシベリア鉄道の北海道までの延伸、極東から日本に海底ケーブルで送電するエネルギーブリッジ構想など、経済協力の話があがってきています。国内には、経済支援や経済協力がうまくいくのかという声もありますが、ご意見はいかがでしょうか。

インタビュー鈴木宗男氏に聞く

「5月6日、ソチにおける安倍首相とプーチン大統領との会談で、安倍首相は8つの経済協力を示しました。この新しいアプローチにプーチン大統領は大きな関心を寄せました。9月2日、この8つのアプローチに、安倍首相は、一つひとつ、丁寧に説明しております。医療分野はこうしよう、環境分野はこうしよう、インフラ対策はこうだ、あるいは歴史問題については、人の往来も含めてこうしよう、何よりもエネルギー政策についても日本はこう考えている、具体的に説明しました。」

「プーチン大統領は、大きな評価、安倍首相の真剣さとやる気をつかみ取って。翌日のあの東方経済フォーラムで、プーチン大統領は『シンゾー』と、とても温かみのあるファーストネームで呼びかけた。これまでプーチン大統領は公の席では、『アベさん』という表現だったんです。今回初めてファーストネームで、呼びかけた。安倍首相は安倍首相で、『ウラジミール』と。あなたと私で、今の世代で責任をもってこの問題を解決しようじゃないかと、北方領土問題解決に向けての意欲も示しました。」

「ロシアは信頼に足る国」日ロ関係よくなれば世界の安定にも資する

「私はとってもいい信頼関係は醸成できたと思っているんです。そこで、経済協力を日本がすると言いました。早速、日本の一部には、食い逃げされるとか、大丈夫かとか、いや信用できないんではないか、というさまざまな声があります。私はそういう人に、また言いたいんです。あなた方は何を根拠に言っているんですか、と。」

「ソ連共産主義ならば、私も嫌悪を持ちます。しかし今は、自由と民主のロシアであります。自由主義とか、民主主義というのは信用です。私は、世界の大国としてロシアを信頼しているし、現に今、ロシアの宇宙船を使って、アメリカも日本も、宇宙活動をしているんですから。これ一つとっても、ロシアという国は、世界のリーダー国であるし、信頼に足る国だと、私は言ってるんです。」

「同時に、ロシアは先進国ですから、発展途上国、開発途上国のように、国民の税金をロシアに投入することはないです。この点も、ロシアの目当てはお金なんていう、短絡的にいう人もいますけれど、まったく勉強してないですね。お粗末な、頭づくり、発想だと思っております。」

「ロシアが日本に求めているのは、日本の持っている世界一の応用技術です。これを極東で生かしてほしい。あるいは北方領土で生かしてほしい。その代わり、世界一のエネルギー資源大国であるロシアは日本に対して、日本は資源なき国家だ、いかようにも協力しますよ。私はお互いがウインウインになる条件を備えているし、日ロ関係がよくなることが、世界の安定にも資する、と思っておりますね。」

1/3ページ

最終更新:2016/10/24(月) 16:35
THE PAGE