ここから本文です

“激安”本田の中国移籍説に賛否「日本産商品を買うとは世も末」「彼を中国に帰化させよう」

theWORLD(ザ・ワールド) 2016/10/20(木) 19:01配信

現地サポーターの本音は?

日本のエースが中国サッカー界の興隆を促すことになるかもしれない。突如として沸き上がった本田圭佑の上海上港移籍報道に対し、中国のサポーターが様々な反応を示している。

彼がイタリアの名門において決して幸せな日々を過ごしていないことも、このゴシップを盛り上げるには十二分な火種だろう。これまでにもサンダーランドやストーク、そしてトッテナムといった英国クラブから関心を寄せられていた本田だが、今回は極東からの熱視線だ。一連の報道を受け、中国『騰訊体育』はアジアで最高の知名度を誇るカリスマMFとの契約に期待する、もしくは懸念を示す現地サポーターの様々な声を伝えている。

「彼は大物なのに激安価格だ」

「中国リーグをアジアのトップにしたいなら、国籍を問わずに一流選手を引き抜くべきだ。とりわけ日本人選手と契約することで、多くの日本人サポーターを我々のリーグに熱中させることができる」

「なんで本田を買いたいのか理解できない」

「日本産の商品を買うとは世も末だ」

「これは安い! 中国人は他の法外な値段の奴らを知ってるからな」

「彼を中国に帰化させよう。そうすれば日本に勝てるかもしれない」

来年の6月にミランとの契約が満了を迎える本田の移籍金は約3~4億円とされており、これは60億円を超える移籍金で6月に上海上港へ加入したフッキに比べると、かなりのバーゲン価格だ。相変わらずロッソネーロではベンチを温める日々が続く本田。状況の好転が見られなければ、大きな決断を下すこともあり得ない話ではないだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:2016/10/20(木) 19:01

theWORLD(ザ・ワールド)