ここから本文です

松竹さん、どうして漫画「ワンピース」を歌舞伎にしたんですか?

2016/10/22(土) 11:08配信

BuzzFeed Japan

漫画「ワンピース」が歌舞伎になるらしいよ、と最初に聞いた時、思ったのは「な、なんで?」だった。何その発想。どういうことなの?

超有名漫画「ワンピース」。もちろん知ってる。海賊王を目指すやつね。
歌舞伎は……よく知らないや。いつか見たいなと思いながら、あんまりきっかけがなかった。

少なくとも漫画と組み合わさる印象は全然ない。どうなっちゃうんだ。

まぁ、どんな風になってても絶対話のネタにはなるよね。「ワンピースの歌舞伎見たんだけどね~」って友達に言える。

漫画がベースなら、古典の演目より話も分かりやすそう。「歌舞伎、1回見てみたいな」で行ってみるなら、これはわりとハードル低めなんじゃない?

――という思考回路で、去年の私はチケットをとることにした。「よく分かんないけどすごいもの見れそう!」っていう、かなり野次馬的な、ちょっと邪な興味だった。

2015年10月、新橋演舞場でそれを見た。

予想以上だった。「すごいもの見られそう」のスケールが全然違った。ずっとドキドキしていた。

3幕構成、4時間近い長丁場だけど全然飽きなかった。ちゃんと漫画の世界で、ちゃんと歌舞伎で、気持ちがいいエンタメだった。かっこよかった。歌舞伎のお作法が全然分からなくても楽しかった。

2015年、演劇もミュージカルも映画もいろいろ見たけど、一番興奮したのはワンピース歌舞伎だったと思う。今、私は、なんだかすごいものを目撃していると分かった。

その「スーパー歌舞伎II ワンピース」が、10月22日に「シネマ歌舞伎」として劇場公開する。

2時間に編集した映像作品として、全国の映画館で見られるようになる。
すごくうれしい、また見られる! 舞台だとどうしても都市圏の会場になってしまうし、チケットだって正直気軽に買える値段じゃない。
もっといろんな人に、ちょっとでも興味のある人にこの「すげー!」が伝わってほしい。
そしてやっぱり聞きたい。

1/3ページ

最終更新:2016/10/22(土) 11:08
BuzzFeed Japan