ここから本文です

Apple Pay日本上陸。SuicaがiPhoneで利用可能に

2016/10/25(火) 5:30配信

BuzzFeed Japan

Appleが展開するApple Payが10月25日から、ついに日本でも使用可能になった。対応端末はiPhone 7 / 7 PlusそしてApple Watch Series 2。最新のソフトウェアにアップデートすれば、クレジットカードやSuicaを各端末で使うことができる。BuzzFeedは、Apple Payのヴァイスプレジデントであるジェニファー・ベイリー氏に話を聞いた。【BuzzFeed Japan / 嘉島唯】

【謎の快感】う、美しすぎる……素晴らしきケーブルの芸術

■Suicaはどのように使うのか?

登録は簡単だ。新しく追加されたApple Walletのアプリを起動。すると、クレジットカードかSuicaを追加できるようになる。

ただし、Suicaの場合は少し複雑で、カードの裏面に記載されている数字の下4桁の入力を求められる。すると、「カードを転送」という指示が出るので、Suicaの上にiPhoneを置いて10秒ほど待つと登録が完了する。その途端に物理カードは必要なくなり、そのまま改札にタッチできるようになる。

iPhoneには常にSuicaの残高が表示され、端末上でチャージも可能だ。

クレジットカードの登録はもっとシンプルだ。Walletのアプリを起動するとカメラが起動。iPhoneをクレジットカードにかざすだけで認証が完了する。カード会社へ確認がとれさえすれば、すぐに端末上でクレジットカードが利用可能になる。

■国内のクレジットカードによる支払いの4分の3以上に対応

AEON、オリコ、クレディセゾン、JCB、トヨタファイナンス、ビューカード、三井住友カード、三菱UFJニコス、UCカードなどに対応する。今後随時増えていく予定だという。

その他にもAmerican Express、MasterCard、JCB、iD、QUICPayなどグローバルで流通するクレジットカードも対応する。

そのため、本日からApple Payに対応する店舗も多い。例えば、セブンイレブンやローソンといったコンビニ各社、AEONなどのスーパーマーケットや各種小売店。そしてタクシー会社の日本交通などで早速Apple Payが利用可能となる。

また、iPhoneアプリでもApple Payが対応開始となる。BASEやminneなどのECサイトやTOHO シネマズが含まれる。アプリ上でApple Payを使うと、住所やカード番号などの個人情報の入力の手間がなくなるという。

なお、Apple Payを使ってクレジットカード支払いする場合は、一度ホームボタンに指をあて、指紋認証する必要がある。指紋がサインの代わりになるのだ。

1/2ページ

最終更新:2016/10/25(火) 9:03
BuzzFeed Japan