ここから本文です

今季限りで引退の広島黒田、6回途中1失点も異常訴え降板 大谷との対戦直後

Full-Count 2016/10/25(火) 20:34配信

大谷を左飛に仕留めた直後に異常訴える、敵地から大歓声浴びながら降板

 今季限りでの現役引退を表明している広島の黒田博樹投手が25日、日本シリーズ第3戦で6回に異常を訴えて降板した。

今年のドラフト指名結果は? 2005年~2016年の各球団ドラフト指名選手一覧

 黒田は5回まで1失点の好投。1点のリードを守っていた。6回は先頭の近藤を三飛。さらに、2打席連続ツーベースを許していた大谷はスプリットで左飛に打ち取った。

 しかし、ここで異変を訴え、畝投手コーチとトレーナーに付き添われてベンチ裏へ。数分後にベンチから現れてマウンドに上がり、投球練習で状態を確認したが、やはり続投することはできず、降板となった。ベンチに戻る際には、敵地から大歓声が送られた。スタンドには涙を流す広島ファンもいた。

 5回2/3を投げて4安打1失点1奪三振。球数は85球だった。黒田はこれが現役最後の登板となる可能性もある。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:2016/10/25(火) 20:47

Full-Count

Yahoo!ニュースからのお知らせ