ここから本文です

バレー久光とJTは快勝スタート 今季で引退・木村沙織の東レは黒星

2016/10/30(日) 20:58配信

THE PAGE

バレー久光とJTは快勝スタート 今季で引退・木村沙織の東レは黒星 THEPAGE大阪

 バレーボールのプレミアリーグ女子が開幕。新しく酒井新悟監督を迎え連覇を目指す久光製薬(サブホームタウン:兵庫県神戸市)と3シーズンぶりにプレミアに復帰したJT(ホームタウン:大阪市)はともにストレート勝ちで白星発進。今リーグ限りでの引退を表明している木村沙織の東レ(ホームタウン:滋賀県大津市)はプレミア初昇格のPFUに敗れ、黒星スタートになった。岡山はNECにストレート勝ち。

女子バレーJT練習場へ潜入 吉原知子監督「トップ獲る」

久光・長岡「酒井監督のもと、新しい世界を広げていきたい」

 連覇が懸かる大事なシーズンながら、直前に中田久美前監督が全日本監督に決まり、酒井新監督が合流してからわずか3日ほどで迎えることになった開幕戦。そんな急変化の中でも、昨季レギュラーラウンドで全敗と苦戦を強いられた日立をストレートで破った。

 「ホッとしました。展開の速い日立のバレーに対して、しっかり仕事をしてくれた。中田監督が作ってこられたセッターを中心とする攻撃力にディフェンス(つなぎ)を加えたいと考えていますが、落とさないバレー、負けないバレー、そういうところが出たと思います。試合途中にブロックとレシーブの関係などを指示しましたが、選手がすぐに適応してくれました」と酒井監督は安堵の表情で振り返った。

 第1セット序盤こそ開幕戦の硬さからかミスが出て3-7とリードされたが、新鍋理沙の連続サービスエースで流れを取り戻すと、速い日立の攻撃にもブロックでワンタッチを取り、抜けたボールは新鍋、リベロの筒井さやか、石井優希らがコースに入ってディグ。まさに酒井監督が望む「ディフェンスの久光」も出て力のある攻撃陣が切り返し得点、日立を寄せ付けなかった。

 今季、開幕からスタメンセッターの中大路絢野のトスワークも冴えた。「いい感じで使い分けていてよかった」(酒井監督)、「いいトス回しをしてくれたのでいいリズムで攻撃できた」(新キャプテンの長岡望悠)と好評価。決定力、技術力のある長岡、石井(優希)、新鍋のサイドに加え、ラリー中に難しい位置からもミドルの岩坂名奈、新外国人のトカルスカ(ポーランド)も積極的に使い、ブロッカーに的を絞らせなかった。「ミドルが活きてくるとサイドも活きてくるのでトス配分を考えながらやりました。高さのあるミドル(193センチのトカルスカ、187センチの岩坂)をもっともっと活かしていきたい」と中大路も話す。ミドルの存在感や移動攻撃、絡み、バックアタックがもっと出れば、強みが増すだろう。

 昨季は「ファイナル6」で3連敗し自力でのファイナルへの道が断たれ、崖っぷちに立った。そこからの逆転優勝という苦しさも経験した。「(今季も)いいときも悪いときもあると思いますが、みんなで助け合っていきたい。少しでも(新キャプテンの)ミユ(長岡)の負担を軽くできるように」と新鍋。「チーム状況の変化はありますが、目標は変わらないので。優勝を狙っていますが、一戦一戦戦っていきます」と石井。「酒井監督のもと、プラスアルファーで、新しい世界を広げていきたい」と長岡。世界で通用するバレーを追求しながらさらに上のステージへ。久光の新章が幕を開けた。

1/2ページ

最終更新:2016/11/5(土) 14:17
THE PAGE