ここから本文です

秋田市で”竜巻”のような突風が車3台を飛ばす もし近くで起こったらどう身を守る?

2016/10/31(月) 19:28配信

BuzzFeed Japan

秋田市八橋鯲沼町で10月31日午後0時半ごろ、「竜巻のような風で車が3台飛ばされたようだ」と110番通報があった。けが人はなかった。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

少なくとも3台の車が横転して、窓ガラスが割れるなどの被害があった。朝日新聞などが報じた。

BuzzFeed Newsは気象庁に問い合わせた。

気象庁は竜巻と断定しておらず、「突風」による被害として、現地調査を進めている。

突風であるかもしれないが、秋田市のような沿岸部では、竜巻が起きることはまれにあるそうだ。今回は、寒冷前線の通過に伴って発生した可能性が高いとみている。

「スーッと出てきてスーッと消えました」

秋田市外旭川で動画を撮影した女性は、BuzzFeed Newsの取材にこう語った。

「竜巻かな、と思いましたが、恐怖心は感じませんでした」

「ガタガタガタと窓が揺れました」

秋田市寺内高野の自宅兼会社で動画を撮影した男性(39歳)は、こう話した。

「会社の看板が飛ばされましたし、びっくりしましたね」

当時、バケツをひっくり返したような雨が降っていた。動画に映る竜巻のようなもの以外に、近くにもう一つが発生し、接近してきた。

縦1メートル、横50センチほどの会社の看板が1メートルほど飛ばされたが、幸いにもけが人は出ていない。

「竜巻(のようなもの)は数十秒で消え、今は雨風もなく嵐の後の静けさ、ような感じです」

万が一、竜巻が発生したら、どう安全を守ればいいのか。

気象庁は、「竜巻から身を守る」と題したリーフレットを作っている。

「ゴー」という音が聞こえたら、竜巻の発生を知らせるサインかもしれない。ろうと状に垂れ下がった雲を見かけたら、すぐに行動を。

屋外にいる場合は、頑丈な建物の物陰に入って、身を小さく。駐車場や店のシャッターは閉めて。

屋外にいるときは、物置や車庫、プレハブの中は危険だ。電柱や太い木であっても倒れる恐れがあるため、できるだけ離れること。もちろん今回、車が飛ばされたという情報があるため、車内も決して安全ではない。

屋内なら、窓やカーテンを閉めて、1階の窓のない部屋へ避難を。

竜巻は、窓ガラスを割る危険が高い。

地震と同じで、丈夫な机やテーブルの下に入って、身を小さくするのがいい。頭を守ることが大事だ。

最終更新:2016/10/31(月) 19:28
BuzzFeed Japan

Yahoo!ニュースからのお知らせ