ここから本文です

「クリントン氏の刑事責任問わない」FBI長官、メール問題で

2016/11/7(月) 6:22配信

BuzzFeed Japan

FBI(連邦捜査局)のジェイムズ・コーミー長官は11月6日(現地時間)、アメリカ連邦議会議員に対し、ヒラリー・クリントン米大統領候補の追加分のメールを調べた結果、刑事責任を問わないことを明らかにした。
【BuzzFeed Japan】

クリントン氏のメール問題について、コーミー氏は「新たな調査で、クリントン氏の(刑事責任)について、今年7月に達した結論を変更することはないという結論に達した」と連邦議会への文書に記している。

FBIは7月、違法性を問えないとして、捜査を終結していた。

追加分のメールは、クリントン氏の側近、フーマ・アベディン氏の元夫、アンソニー・ウィーナー元下院議員のパソコンから発見された。ウィーナー元下院議員は15歳の少女に対し、性的なメッセージを送っていたとして、FBIの捜査を受けていた。

コーミー長官は10月28日、クリントン氏の追加分のメールが捜査の対象になっていることを連邦議会議員に文書で伝えた。共和党のドナルド・トランプ大統領候補は、この一件をクリントン陣営の腐敗の一端であるとして非難していた。しかし、再捜査の結果、コーミー長官は、結論には変わりはないとした。

「これほどの短期間の間に、FBIのプロの捜査官たちが数多くのレベルの高い仕事をこなしてくれたことに心から感謝している」とコーミー氏は文書を締めくくっている。文書は、連邦議会の議員あてに、ネットを通じて共有された。

クリントン陣営はの広報担当者であるジェニーファー・パルミエリは6日午後、記者団に対し「コーミー長官の連邦議会あての文書を拝見しました。7月の結論に変更がないという結論に達したことを喜んでいます。そうなるに違いないと思っていましたから。問題が解決して安堵しています」と述べた。

*内容を追加しました。

最終更新:2016/11/7(月) 8:18
BuzzFeed Japan