ここから本文です

千島連盟・脇理事長語る(全文1)「北方領土あくまで四島一括返還が方針」

2016/11/11(金) 12:32配信

THE PAGE

THE PAGE

 1956年の「日ソ共同宣言」からちょうど60年、11月19、20日のペルーAPEC首脳会議の場と、12月15日のプーチン大統領来日で、立て続けに日ロ首脳会談が予定されています。不法占拠されたままの北方領土交渉進展に注目と期待が集まる中、北方4島の元島民でつくる千島歯舞諸島居住者連盟(千島連盟)・脇紀美夫理事長(75)=北海道羅臼町礼文町=に、首脳会談にどのような思いを寄せているか、現状をどのようにみているのか、話を聞きました。

【連載】千島連盟・脇理事長インタビュー

両首脳がかなりの回数を重ねて会談 今回は特に期待が大きい

 ――本日はお忙しいところ、ご足労頂きありがとうございます。11月にペルーのAPECで、また12月には山口県で立て続けに日ロ首脳会談が行われるということで、日露間の交渉が慌ただしくなっています。元島民の団体の理事長としていまの状況をどのように見ていますか。

 「既に、戦後70年経過して、今までいろんな節目節目の中で、首脳同士の会談であるとか、政府高官も含めて、ある意味では平たくキャッチボールもされていたと思うんですね。その中にあって、決まりそうで決まらなかったり、『お互いに交渉しましょう』、『協議しましょう』と。ある意味ではスタートラインに着きそうで、実際には着いてなくて、しかも着いてないってことは走り出していない、と、号砲もなっていない、という状況が、今まであったと思うんです。」

 「ですが、ことし安倍首相がプーチン大統領とかなりの回数を重ねてお互いに会談しているということを含め、ロシアのプーチン大統領と安倍首相、お互いに今の政権が落ち着いている、安定しているという風にとらえ、いろいろ解釈の仕方はあるんでしょうけど、落ち着いている状況だと思うので、今回プーチン大統領が訪日するということについて、今までと違った形、今までも期待していたんですけど、今回特に、そういう意味では期待が大きいという心境です。」

 ――このタイミングで上京されて安倍首相にもその旨を伝えたのでしょうか。

 「今回北海道知事、高橋知事を団長にして要請行動(10月31日)をしたんですけど、実はことしの2月7日北方領土の日にも直接首相に会ってお願いをしました。そのときに首相から、北方領土解決に向けての強い決意を私なりに感じたんですけど、今回さらにこのタイミングの中で、お願いをしたと、要請をしたと、いうことなんです。」

1/3ページ

最終更新:2016/11/11(金) 14:10
THE PAGE