ここから本文です

電通過労自殺、母親が語った社会への願い 「命より大切な仕事はありません」

2016/11/9(水) 18:17配信

BuzzFeed Japan

長時間労働問題で揺れる国内最大の広告代理店・電通。昨年12月に過労自殺をした新入社員、高橋まつりさん(当時24)の母親・幸美さんが11月9日、東京都内で開かれた「過労死等防止対策推進シンポジウム」に登壇し、その心中を語った。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

幸美さんは時折嗚咽し、言葉を詰まらせながらも、会場に向けてゆっくりと、語りかけるように言葉を投げかけた。

「こんにちは。私の最愛の娘は、高橋まつりと言います。娘は昨年、12月25日、会社の借り上げ社宅から投身し、自らの命を絶ちました。3月に大学を卒業し、4月に新社会人となったわずか9ヶ月のことでした」

そう話し始めた幸美さん。愛娘が大学時代に国費で北京留学をしたことや、「持ち前のコミュニケーション能力」を生かして早い時期に電通の内定をもらったことを、とつとつと語った。

「新人研修でも積極的にリーダーシップをとり、班をまとめた様子を話してくれました」

「私の班が優勝したんだよ、と研修終了後には、嬉しそうに話してくれました。『憧れのクリエイターさんに、アイデアを何回も褒められたのを励みに頑張るよ』と、希望に満ちていました」

5月、インターネット広告の部署に配属されると、高橋さんの生活は激変したと、幸美さんは言う。夜中や休日まで仕事をするようになり、終電の時間が過ぎても仕事をするようになった、と。

「10月に正社員になると、土日出勤朝5時帰宅という日もあり、『こんなに辛いと思わなかった、今週10時間しか寝てない。会社辞めたい。休職するか、退職するか、自分で決めるからお母さんも口出ししないでね』と言っていました」

「大好きなお母さん、さようなら」

11月に入ると、高橋さんはうつ病を発症する。1991年、入社2年目の男性社員が過労自殺した「電通事件」の記事を持ってきて、「こうなりそう」と話すこともあったという。

「私は、『死んじゃだめ、会社を辞めて』と何度も言いました」

「そのころ、先輩に送ったメールには『死ぬのに丁度いい歩道橋を探している自分に気がつきます』とありました」

ツイッターには、パワハラやセクハラに悩まされている様子も書き込まれていた。高橋さんは上司に異動を申し出たが、その返事は「仕事を減らすから、もう少し頑張れ」だったという。

しかし、12月には「36協定」の特別条項(残業時間の上限を引き上げる項目)が部署全体に発令され、深夜労働が続いた。忘年会の準備にも追われていたと、幸美さんは振り返った。

そして、クリスマスの朝。高橋さんはこんなメールを幸美さんに送り、自ら命を経った。年末には「実家に帰るからね、お母さん、一緒に過ごそうね」と言っていたにもかかわらず、だ。

“大好きで大切なお母さんさようなら、ありがとう。

人生も仕事も全てが辛いです。

お母さん、自分を責めないでね。最高のお母さんだから“

幸美さんはこのメール文を読み上げながら、嗚咽した。会場では鼻をすする人、涙をハンカチで拭く人の姿があった。

1/3ページ

最終更新:2016/11/9(水) 21:45
BuzzFeed Japan