ここから本文です

小池都知事定例会見11月11日(全文3完)塾講師、地方自治の参考になる方に

2016/11/11(金) 19:52配信 有料

THE PAGE

57億円の出資金の返還後の賢い支出を促す方策とは

新都心新聞:新都心新聞のキダと申します。この前、組織委員会が57億円の出資金を、東京都の出資金を返還するというふうなことが報道されました。一方で東京都は組織委員会の五輪予算で、組織委員会が足らない不足のお金については補填をするというお約束をされています。まず57億円の出資金の返還についての受け止めと、そして大きなてこになっている出資金が返還されたあと、組織委員会に小池都知事が普段おっしゃっている賢い支出を促すための方策についてお考えがあればお聞かせください。

小池:お尋ねの件は組織委員会から東京都が出捐した57億円、返還されるということが決まったと、その点についてでありますけれども、組織委員会の理事会では設立当初の資金不足への財政保証のためということで、東京都から出捐したという事実が確認されました。その上で、その目的をすでに達したということから都に返還すると、このように理事会で決定されたと聞いております。まさしくその目的は果たしたということでございますけれども、一方で人材はこちら、東京都は出し続けていることでございます。

 それで都なのか組織委員会なのかということでございますけれども、基本的には連携、大会の成功に向けて連携していくのは当然のことだと、このように思っております。そしてこの出捐金についてはどのような形で受ける、今度また戻す、その戻し場所とかいろいろともう一度確認をしなければなりませんけれども、いずれにしましても57億円はその役目を果たして戻ってくるということで、それは理事会でお決めになったことと受け止めております。

新都心新聞:何かほかにそのてこになる、今後、組織委員会に対して東京都がコントロールしていくてこになるのは、小池都知事のお考えではなんでしょうか。

※一部判別できない箇所がございますことをご了承ください。本文:10,469文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:2016/11/11(金) 19:52
THE PAGE