ここから本文です

ジミー・ペイジ、クラシックロックアワードで最初から演奏する予定はなかった?イギリス側からのコメント届く

E-TALENTBANK 2016/11/14(月) 18:45配信

2005年に英国でスタートした発祥した祭典で、その年に活躍したアーティストを表彰し、受賞者がライヴを披露するロック界最高峰のアワード、第12回『THE CLASSIC ROCK AWARDS 2016 + LIVE PERFORMANCE / クラシックロックアワード2016 + ライヴ・パフォーマンス』が11月11日(金)、東京・両国国技館で開催された。

オープニングで衣装と鬘を付けた姿で口上した歌舞伎俳優の尾上松也、そしてメガデスの異端児、デイヴ・ムステインという異色のコンビが司会進行を務めた。この日、打ち合わせでムステインは誰よりも熱心にメモを取り、司会業に意欲を見せていたという。本番でその司会ぶりはワイルドなライヴの時と違い、3ピースのスーツを着込み、至って真面目に任務をこなしていた。だが、国内で授賞式のようなイベントを開催する場合は、同時通訳によるアナウンスでも導入しない限り、ムステインが「楽しんでいるかい?」と観客に問いかけても何の歓声も湧かず、訳されるまでの間にタイムラグがあり、少々盛り上がりに欠けていた空気は否めなかった。

当初から公表されていた出演者通り、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、チープ・トリック、デフ・レパードのジョー・エリオット、フィル・コリン、リッチー・サンボラ、オリアンティ、タイの国民的バンド、スロットマシーン、フィリピンの国民的アーティスト、サラ・ヘロニモとロック・シンガーのバンブー。そしてジェフ・ベック スペシャルバンドと題して、ギターとベースにストーン・テンプル・パイロッツのディーン・ディレオとロバート・ディレオ兄弟、アリス・クーパー・バンド、ハリウッド・ヴァンパイアーズのギター、トミー・ヘンリクセン、そしてドラムにはコーンのレイ・ルジアーが揃った。また、イーグルスのジョー・ウォルシュ、メタリカのカーク・ハメットの出演が直前になってキャンセルされた代わりに、本番数日前に続々と大物の参加も急遽発表となり、俳優になる以前からミュージシャンとしてローカルバンドで活動していたジョニー・デップや、エアロスミスのジョー・ペリー、X JAPANのYOSHIKI、バンド-メイド、テスラのジェフ・キース、ブライアン・ウィート、フランク・ハノン、スコーピオンズのルドルフ・シェンカーの名前が加わった。

開演前に行われたレッドカーペット・セレモニーではテレビ局や新聞社のマスコミ報道陣が集まり、カクテルパーティー会場では協賛企業や芸能人までもが大物アーティストの登場を待ち構えていた。ジョニー・デップはジョー・ペリーと共に登場し、ジミー・ペイジの姿も現したが、最後までこのエリアにはジェフ・ベックだけ足を運ぶことはなかった。
 
授賞式のそれぞれの受賞者は以下の通り。
Best New Band:ザ・ストラッツ
Japan Next Generation:バンド-メイド 
Eastern Breakthrough Male Band:ONE OK ROCK
Best Asian Performer:サラ・ヘロニモ
The Showmen:チープ・トリック
Classic Songwriter:リッチー・サンボラ。
Album of The Year:デフ・レパード。
Reissue Of The Year:クイーンの『The Studio Collection 』
Band Of The Year:ELO
The Asian Icon:X JAPAN YOSHIKI
The Icon:ジェフ・ベック

1/4ページ

最終更新:2016/11/14(月) 20:04

E-TALENTBANK

Yahoo!ニュースからのお知らせ