ここから本文です

高齢者ドライバーの事故、自動運転で解決する?

2016/11/18(金) 9:00配信

THE PAGE

 このところ高齢者ドライバーによる事故のニュースをよく耳にするようになりました。日本は高齢化がさらに進みますから、この問題はさらに深刻になってくるかもしれません。AI(人工知能)による自動運転が普及すればこうした問題は一気に解決するとの見方もありますが、日本では自動運転に対するネガティブな意見も多く、導入には紆余曲折がありそうです。

 東京都立川市の病院敷地内で12日に発生した事故では、乗用車が突然暴走し2人が死亡するという痛ましい結果となりました。乗用車を運転していた女性は83歳と高齢で、夫の入院で疲労が溜まっていたそうですが、免許取り消しの対象となる認知症の診断はなかったそうです。純粋に高齢化による判断力の低下が原因と思われます。警察庁の調べによると、今年10月末時点で、原付以上運転者による死亡事故は2740件でしたが、そのうち75歳以上の事故は377件と約14%を占めます。

80歳以上のドライバーによる事故は10年で約1.7倍に

 交通事故全体の件数は年々減っていますが、80歳以上のドライバーによる事故は例外で、2015年は2005年と比較して約1.7倍に増えています。これは高齢者ドライバーの事故率が上がっているわけではなく、高齢化に伴い運転する高齢者の絶対数が増加したことによるものです。

 ちなみに、80歳以上の免許保有者は、同じ期間で2.5倍以上になりました。警察や自治体では、運転免許を保有する高齢者に対して免許を返納してもらうよう働きかけており、返納者に対しては公共交通機関の運賃を割り引くなどのサービスを提供していますが、ほとんど成果は上がっていません。というよりも、地方に住む高齢者の場合、現実問題としてクルマがなければ生活ができず、免許を返納したくてもできないという人が多いものと思われます。

着々と進む環境整備の一方で課題は山積

 こうした状況に対して、AIによる自動運転を導入すれば、問題は解決するとの見方があります。自動運転については、1つの操作をシステムが行う「レベル1」と複数の操作を行う「レベル2」までは既に実用化されています。レベル4になると完全自動運転ということになりますが、高齢者ドライバーによる事故防止ということになると、やはりレベル4のシステムが必要かもしれません。

 今月8日、東京海上日動火災保険が、自動運転中の事故を自動車保険の補償対象に加えると発表するなど環境整備は着々と進んでいます。ただ完全自動運転については国内では批判的な見解も多く、現実のビジネスとしてどの程度普及するのかはまだ何ともいえません。費用の問題もありますから、高齢者への対応ということになると、いろいろとハードルがありそうです。

(The Capital Tribune Japan)

最終更新:2016/11/18(金) 9:00
THE PAGE