ここから本文です

トランプ氏が大統領就任後のTPP離脱をビデオで明言 移民政策の厳格化も実施へ

2016/11/22(火) 9:54配信

BuzzFeed Japan

トランプ次期大統領は11月21日(米現地時間)、米国民に向けたビデオメッセージで「就任初日に環太平洋経済協定(TPP)を離脱する」方針を明らかにした。【BuzzFeed Japan / 鈴木貫太郎】

【写真】ビジネスマンから米大統領へ。ドナルド・トランプ氏の42枚

トランプ次期大統領は「就任から100日」の優先政策についてのビデオメッセージを発表。貿易に関して、就任初日に「国内に大打撃を与える恐れのあるTPP離脱の意向を通知する」と明言した。

また、トランプ次期大統領はTPPを離脱する代わりに、「公正な二国間交渉」を実施するとの方針を示した。

トランプ氏は選挙中、TPPに真っ向から反対。「TPPは最低の協定だ」として、「ないほうがいい。むしろ個々の国とそれぞれに協定を結ぶ」と表明していた。

トランプ氏がTPP離脱の意向を表明したのは、安倍晋三首相とニューヨーク市内のトランプタワーで会談してから、わずか4日後だった。安倍首相は11月21日夜、「米国抜きでは意味がない」と述べるなど、翻意を求めていた。

安倍首相は会談後に「トランプ次期大統領は信頼できる指導者」と評価したが、日本政府が「成長戦略の柱」としてきたTPPはこれで暗礁に乗り上げた。

【米国経済活性化を優先】
トランプ次期大統領は11月21日に発表したビデオメッセージで、各国との貿易協定を再交渉することで、「雇用と産業を米国に取り戻すことができる」と強調。選挙戦から主張してきたように、米国経済を優先する姿勢を明確に示した。

【不法移民調査も明言】
トランプ次期大統領はまた、移民政策に関して「出入国査証の調査を実施する」と発表した。さらに、トランプ次期大統領は、国防省に包括的なサイバー攻撃対策を講じるよう命じると発表した。

最終更新:2016/11/22(火) 9:54
BuzzFeed Japan