ここから本文です

紅白の「アニメ枠」消滅? 初出場のRADWIMPSがアニメ枠か否かで議論も

2016/11/24(木) 19:03配信

BuzzFeed Japan

大みそかにNHKで放送される「第67回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。ここ数年言われてきた「アニメ枠」が消えたと嘆きの声が上がる一方、初出場のRADWIMPSが「アニメ枠」かどうかで議論も起こっている。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

紅白歌合戦では、2009年に声優としても活動する歌手の水樹奈々が初出場を果たして以降、毎年1組はアニメの主題歌を歌うアーティストが選ばれていた。

2013年にはアニメ「進撃の巨人」の主題歌を歌うLinked Horizon。水樹が出演しなかった2015年はアニメ「ラブライブ!!!」の声優陣によるユニット「μ’s」が出演した。

このため、アニメファンの間では、紅白には若い視聴者の関心を引くため「アニメ枠」があると言われてきた。

しかし11月24日に発表された2016年紅白の出演者の中に、アニソンアーティストの名前はない。

Twitter上では「まさか誰も出ないとはねぇ」とアニメ枠がなくなったと驚く人や、TOKIOやV6など出演するアーティストが過去に歌ったアニメ主題歌を歌ってほしいと願う人などさまざまな反応があった。

なお24日にNHKから発表されたのは出演アーティストであり、企画枠に出演する人物は後日発表されるのが通例だ。

水樹は声優の山寺宏一と東日本大震災復興支援ソング「花は咲く ~アニメスター・バージョン~」を歌っている。同曲は今年3月12日よりNHKでたびたび放送されており、企画枠として出演を期待する声もある。

初出場の「RADWIMPS」はアニメ枠?

さらに初出場の「RADWIMPS」がアニメ枠か、否かも議論を呼んでいる。

「RADWIMPS」は今年最大のヒットとなったアニメ映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」を歌ったロックバンドだ。

アニメの主題歌であることから「RADWIMPSがアニメ枠じゃないの?」と同バンドが今年のアニメ枠なのでは?との声も上がる。

一方、「前前前世」を歌う前から人気があったことから、アニソンアーティストとは見られたくないというバンドのファンや、アニメファンからもアニソンシンガーではないため「アニメ枠」には違和感があるとの声が出ている。

最終更新:2016/11/24(木) 19:41
BuzzFeed Japan