ここから本文です

晩秋の夜空に描かれる「古代エチオピア王家の物語」を観察してみましょう

2016/11/26(土) 17:00配信

THE PAGE

 明るい星の少ない秋の夜空。しかし、そこにはギリシャ神話の『古代エチオピア王家の物語』でつながっている星座たちであふれています。そんな物語の登場人物を見つけてみませんか?

【連載】東京で見える星たち

古代エチオピア王家の物語

 昔、古代エチオピアという国がありました。その国の王様の名はケフェウス、お妃様はカシオペヤ、そして2人の間にはアンドロメダという美しい姫がいました。カシオペヤ王妃は、自分自身の美しさはもちろんのこと、アンドロメダ姫の美しさも自慢でなりません。ある日のこと、カシオペヤ王妃は、つい、こんなことを口にしてしまいました。

 「私の娘、アンドロメダの美しさには世界中の誰もかなわないわ。海の神様の妖精たちなんかよりもずっと美しいのよ」

 海の神様の妖精たちもかなりの美人ぞろいで、そんな自慢の子たちをけなされた、海の神様はカンカンに怒ってしまいました。怒った海の神様は、古代エチオピアの国に巨大なクジラの化け物・ティアマトを送り込みました。このティアマトが海からやってきては国中を荒らしまわり、古代エチオピアの国は大混乱となりました。何が原因でこんな事態になったのかを知らないケフェウス王は、この騒ぎをしずめるためにはどうしたら良いのか、神様にお伺いしました。しかし、神様からは、冷たいお告げが下されました。

 「このような事態になったのは、カシオペヤ王妃が自分の娘を自慢して、海の神様を怒らせたことが原因である。その怒りをしずめるためには、お前たちの娘・アンドロメダをティアマトのいけにえに捧げるしかない」

 このお告げを聞いたケフェウス王もカシオペヤ王妃も嘆き悲しみました。アンドロメダ姫は、国を守るため、ティアマトのいけにえとして海岸の大きな岩に鎖でつながれてしまいました。やがて、海からティアマトが現れ、アンドロメダ姫が死を覚悟し、目を閉じた、その時……。天馬ペガススに乗った、ペルセウス王子がティアマトの前に現れました。ペルセウス王子は、メデューサという化け物を退治して、その首を持って故郷に帰る途中でした。ペルセウスは、「私がこの化けクジラを倒してみせましょう」とティアマトの目の前にメデューサの首をつきつけました。メデューサは、髪の毛一本一本が蛇でできていて、その顔を一目でも見た者は恐ろしさのあまり石になってしまうという化け物。それを見たティアマトは、たちまち大きな岩となり海の底へ沈んでしまいました。

 こうしてアンドロメダ姫は、無事にペルセウス王子に助けられました。ペルセウス王子は、姫の美しさに。アンドロメダ姫は、勇敢な王子の姿に惹かれ合いました。ケフェウス王もカシオペヤ王妃も、娘を救ってくれたペルセウス王子を気に入り、2人は結婚をして幸せに暮らしました。

 この物語に出てくる人物たちが、秋の夜空に集合しています。物語を思い描きながら、星空を見上げてみませんか?

1/2ページ

最終更新:2016/11/26(土) 17:00
THE PAGE