ここから本文です

リオ五輪報告会 小池都知事「東京に『もったいない』思想取り入れる」

2016/11/28(月) 11:20配信

THE PAGE

 東京五輪・パラリンピックの会場見直し問題が佳境を迎える中、東京大会組織委の森喜朗会長と東京都の小池百合子知事が、28日から都内で始まったリオ五輪デブリーフィング(報告会)に出席し、東京大会への思いを語った。

【中継録画】「リオ五輪報告会」で森会長、小池都知事らがあいさつ

 この報告会は、国際オリンピック委員会(IOC)と東京大会組織委、国際パラリンピック委員会(IPC)、リオ大会組織委が合同で行ったもの。30日まで3日間の日程で、リオ大会の成果を振り返り、東京の成功につなげる。

 報告会の冒頭、あいさつに立った組織委の森会長は「2020(東京大会)では安倍総理をはじめ、オールジャパンで準備を進めている。(リオの)パエス市長から小池知事に五輪旗が渡り、いよいよ東京がムーブメントの主体になった。託されたバトンを未来へつなげられるように全力を尽くす」と東京大会の成功を誓った。また「スポーツの持つ力を世界の人に感じてもらえるような大会」にしたいと述べた。

 続いて登壇した小池知事は、リオ五輪で大会後に仮設アリーナの資材を小学校に再利用した事例を挙げ、「サスティナビリティ(持続可能性)が最も重要。それをリオ大会で実現した」と評価。東京大会では「日本語で言うところの『もったいない』の思想を大会の運営に取り入れたい」と意欲を語った。その上で「アスリートが競技に集中できる環境を作ることも重要」と述べた。

 東京五輪をめぐっては、ボート・カヌー、バレーボール、水泳など3会場の見直しが議論されており、29日に開かれるIOC、組織委、国、都の4者トップ級協議で結論が出されると報じられている。

■ダイジェスト映像
動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=NWZiq0YgdEo

最終更新:2016/11/28(月) 16:01
THE PAGE