ここから本文です

五輪ボート会場見直し 小池都知事が「海の森」案受け入れ表明 4者協議で

2016/11/29(火) 15:19配信

THE PAGE

 東京五輪・パラリンピックの会場見直し問題で、国際オリンピック委員会(IOC)と東京大会組織委、東京都、政府によるトップ級の4者協議が29日に行われた。その席で、東京都の小池百合子知事は、懸案となっているボート・カヌー競技会場について、当初計画の海の森水上競技場での実施を受け入れる意向を示した。

【中継録画】五輪会場見直し問題で「4者協議」 長沼ボート場案は見送り

 都政改革本部が提案していた宮城の長沼ボート場については、各国の事前キャンプの場所として活用することを求め、IOCのジョン・コーツ副会長もそれを確約した。

 小池知事は4者協議の議論の中で、「宮城の長沼は即使えるところ。復興五輪というはじめのキーワードを実現するにはいいと考えたが、費用の面、ロケーションの面などから『海の森』の予定地で進めていくという案を東京は取りたい」と述べた。

■4者協議の全編動画&囲み取材
動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=JjAGeMkDv5I

最終更新:2016/11/30(水) 1:35
THE PAGE