ここから本文です

2016ユーキャン新語・流行語大賞発表(全文2)「ゲス不倫」ふみはる受賞式へ

2016/12/1(木) 22:10配信 有料

THE PAGE

「聖地巡礼」ー ディップ株式会社代表取締役社長兼CEO、冨田英揮

生島:はい。さあ、それではこれから発表させていただきます。今年のユーキャン新語・流行語トップテン。まず最初はこちらです。2016ユーキャン新語・流行語、トップテン「聖地巡礼」。

司会女性:受賞理由。世界遺産に登録されているスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ旧市街を、という話ではない。漫画やアニメの舞台となった場所や建物、景色などを実際に訪問することを言う。その現象が見られるようになった2000年ごろは、いわゆるおたくの人たち特有の行動と見られていたがテーマパークのない、施設も要らない場所に自然と人が集まってきてくれる集客性に目を付けた自治体が、地方活性化の一環と位置付けるなど定着し、今や巡礼地は5000以上にも上るという。

 そして今年、アニメーション映画『君の名は。』の大ヒットによって、巡礼者が一般の人にまで広がった。ロケ地の飛騨市は観光客が3倍に増えたという。手書きのアニメーションで丁寧に、緻密に書き込まれ、ダイナミックに展開する1つ1つの場面とそのストーリーは、大震災を経験した日本人の気持ちを癒やしてくれた。飛騨古川を訪問し、組紐を体験することはまさに巡礼なのかもしれない。

生島:それでは受賞者です。いち早く聖地巡礼マップを制作、発表しているディップ株式会社さんです。表彰盾は代表取締役社長兼CEO、冨田英揮さんに受け取っていただきます。それではどうぞ。

司会女性:表彰盾を俵選考委員より贈呈いたします。

生島:どうもおめでとうございました。聖地巡礼、冨田英揮さんですが、一言受賞の喜びを。本文:5,032文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

THE PAGE プラスの記事一覧へ戻る

最終更新:2016/12/8(木) 11:47
THE PAGE