ここから本文です

森喜朗会長「都知事交代で……」 東京五輪の準備状況で会見

2016/12/2(金) 16:40配信

THE PAGE

 2020年の東京五輪・パラリンピックの準備状況をめぐり、大会組織委員会の森喜朗会長は2日、記者会見し、「(競技会場の開催地などとなる)関係する県のみなさんも準開催地という考え方だが、役割の分担をどうするか明確になっていない。東京都、国のみなさんにも役割の分担の議論を再開してほしいと要望した」と話した。

【動画】森喜朗会長「都知事交代で……」 東京五輪の準備状況で会見

 森会長は「これは当時の遠藤大臣、舛添都知事が高い立場に立って始めようとスタートした。トップレベル、事務レベルのところで作業を始めていたかもしれない。ところがこれがご承知の通り、(東京都)知事選挙で中断した」と説明。「知事の交代にともなう様々なことでそのままになっている。色んなことをIOC(国際オリンピック委員会)から叱られた面もある。全てこの問題がネックになっていたんだということは記者の皆さんも十分ご承知だと思う」などと語り、小池百合子都知事の誕生によって作業が滞ったとの認識を示した。

 一方、都が競技会場の見直しを提案したことなどについては「トータルで400億円の削減になっている。敬意を評したいと思っている」とも話した。

最終更新:2016/12/2(金) 22:54
THE PAGE