ここから本文です

フィリピン拠点の「MNL48」が始動 1期生は総選挙で決定

2016/12/5(月) 1:08配信

THE PAGE

 アイドルグループ「AKB48」の姉妹グループでフィリピン・マニラを拠点とする「MNL48」の1期生オーディションが、ファン投票による「総選挙(国民投票)」で行われることが3日に発表された。
 
 この日は、「AKB48」の「チーム8」がフィリピン・マニラで初のファンミーティングを開催し、メンバー12人が出演した。
 マニラに到着したメンバーたちは、フィリピンの生放送のテレビ番組に出演し、「AKB48」の新曲『ハイテンション』を披露。
 さらに、パサイ市のMovie Stars Cafeで行われたファンミーティングでは、集まった数百人のファンを前に『47の素敵な街へ』など4曲を披露して会場を盛り上げた。

 そして、ファンミーティングの最中には、MNL48運営事務局より「MNL48 1期生のオーディション」の開催を発表。
 「MNL48」に関しては、今年3月の「AKB48」のコンサートで、台湾・台北を拠点とする「TPE48」、タイ・バンコクを拠点とする「BNK48」とともに結成が発表されていた。

 今回開催される「MNL48」のオーディションは「総選挙 (国民投票)」でメンバーを決定するという、AKB48グループ初の方式を実施。
 第1期生の応募者は「NML48」のアプリからエントリーすることができるが、エントリーの模様は一般にも公開。
 また、「MNL48」のメンバーの定員は64人で、1年間を活動期間し、その後、毎年「総選挙」を開催し、既存のメンバーと新たな候補者がメンバーの枠を争い、その年の活動メンバーを決定するという。

 すでに、マニラの街頭には「MNL48」のビルボードが設置され、街頭ビジョンでは、PR映像が流れるなど盛り上がりを見せている。

最終更新:2016/12/5(月) 1:14
THE PAGE