ここから本文です

ネットで球団批判沸騰! 大谷の2億7000万円は、やっぱり安いのか?

2016/12/6(火) 7:32配信

THE PAGE

 日ハムの大谷翔平(22)が5日、札幌で契約更改を終えた。契約更改の金額は明らかにしない選手が多いが、大谷は堂々と自らの口で「2億7000万円です」と7000万円アップで更改したことを発表した。交渉の席で球団との間で確認された来年オフのポスティングによるメジャー移籍容認が、クローズアップされたが、この2億7000万円の金額を巡っては、ネット上のプロ野球ファンの間で「安い」「少ない」という球団への批判的な反応が圧倒している。

 Yahoo!ニュースに寄せられたコメント欄を見ても「いくらなんでも少なすぎる」「来年メジャーに出ていくからケチったのかも 」「最低3億」「夢がない」「日本一とMVPを取って昨年よりアップ率が低いって?」「二刀流だから年俸も二人分でいいのでは」「中田とのバランスを取ったのか」という意見が並び、2億7000万円の金額を妥当と受け止めた声を探すほうが苦労するほどだった。

 筆者も、他球団のフロント幹部や査定担当に感想を聞いてみたが、「経営側から見れば、日ハムならありえる数字だが、それにしても評価は低かった」「規定打席数と規定投球回に足りないと査定ポイントは大きく下がる。だが、大谷の場合は、ふたつを合わせるのだから、その公式はあてはまらない。マイナス評価はないと考えるのが普通だろう。前例がないので、なんともいえないが、前例がないだけに、逆に安く感じた」という意見だった。

 単純に大谷の昨年と今年の成績を比べると、表のようになる。
 
 一般的にプロ野球の査定は、ポイント制で、1試合、1試合の投球回数や打席数、失点、ヒット、出塁などのポイントを加算していき、シーズン後にそれらが合計された数値が出される。投手の場合、投球回数が足りないと、必然、ポイントは加算されず、規定投球回数に足りなかった今季、投手としての評価は、昨季に比べるとダウン査定だったと考えられる。

 しかし、打者としてのポイントは、大幅に加算されており“二刀流”としての査定合算は、昨年のそれを大きく上回っていることは間違いない。しかも、そこにリーグ優勝、日本一という勝利への貢献度という係数がプラスされ、MVP、球宴出場、ベストナインW受賞など、いわゆるタイトル料とされるものまで加算される。それでいて、35パーセントアップの2億7000万円に抑えられた金額には、確かに大きな疑問符はつく。

 早くも来年オフのメジャー移籍時のオファー額が10年300億円にまで高騰するような、とんでもない金額が飛び交っている。ただ、“来年、ビッグマネーを手にするのだから、最後の年は、これでいいでしょう”、で、ごまかすような問題ではない。プロとしての価値をどう評価されるかは、やはり年俸の額であり、プロ野球ファンが「安い」とネットで議論を沸騰させるのも納得だ。

1/2ページ

最終更新:2016/12/6(火) 9:21
THE PAGE

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/24(木) 20:00