ここから本文です

Madegg(Kazumichi Komatsu)らが参加、HARCOZAで音楽をテーマにした展覧会開催

CDジャーナル 2016/12/15(木) 16:40配信

 きゃりーぱみゅぱみゅや最上もが(でんぱ組.inc)が着用したことでも話題の、デザイナー / ディレクター岡野ハルコによるファッション・ブランド「HARCOZA」。東京・代官山と恵比寿の中間に構えるその旗艦店「HARCOZA」では、12月10日(土)から12月26日(月)まで“音楽”をテーマにした展覧会〈hello music!〉を開催中。

 今年7周年を迎えたHARCOZAでは、アパレル・ショップの枠にとどまらず、これまで様々なジャンルの音楽イベントを開催。本展覧会では、「音楽の“多様性”」をテーマに、内山彩乃、おのしのぶ、小磯竜也、ちょっかん、ナポリタンみみこ、鳴海テヨナ、Madegg(Kazumichi Komatsu)、Makiko Yamamoto(DJ inchi-key sisters)という8名のそれぞれ様々な分野で活躍している作家が、「音楽とは?」をそれぞれのメディアで表現したアート作品を展示。

 また会期中には予約制のイベントも開催され、12月10日にはher ghost friendとWedance(アコースティック・セット)のライヴが大盛況となったばかり。12月17日(土)には、レコードから5曲を選んでミックスカセットテープを作れるSumire Taya(Twee Grrrls Club)によるワークショップ〈Violet And Claire presents“mix tape workshop”〉を14:00からと16:30からの2回に亘り開催。12月23日(金)には、京都をベースに電子音楽、ヴィジュアルアート、映像、テキストなど多彩な表現で活動するMadegg、イラストレーターでありながら2015年よりDJ活動もスタートしたmakiko(inch-key sisters)、男女2人組の“アーバン&ブリージン&メロウ シティ・ポップDJユニット”DJココナツ・ホリデーズが出演するライヴ&DJイベントが行われます。

 さらに、Madeggのアルバム『NEW』などをリリースする東京発のレコード・レーベル「flau」のポップアップショップも会期中オープン。音楽、アート、デザインを多方面から楽しめる催しとなっています。詳細はHARCOZAのオフィシャル・サイト(harcoza.com)をご覧ください。

最終更新:2016/12/15(木) 16:40

CDジャーナル

Yahoo!ニュースからのお知らせ