ここから本文です

小金井ストーカー刺傷事件・被害者のシンガーソングライターが手記を発表

2016/12/16(金) 17:17配信

BuzzFeed Japan

今年5月、東京都小金井市のライブ会場前でシンガーソングライターの冨田真由さん(21歳)がファンの男に刺され一時重体になった事件で、冨田さんが12月16日、手記を公開した。【BuzzFeed Japan / 渡辺一樹】

虐げられた女性たちのコラージュ作品が美しい

冨田さんは事前に警察に相談をしていたにも関わらず、事件は防げなかった。警視庁は同日、「安全を早急に確保する必要があると判断すべき事案だった」と結論づけた。代理人弁護士が東京・霞が関の司法クラブで記者会見し、冨田さんの手記を読み上げた。

手記は、昨晩から今日の明け方にかけて書かれたものだという。その全文は以下の通り。

【全文】

まずは、私が被害に遭ったときに、現場で犯人に立ち向かってくれた方、110番通報をして下さった方々に、この場を借りてお礼を申し上げます。今私が生きていられるのは、皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

また、被害に遭った後から、これまでの間、警視庁の犯罪被害者支援室の皆様には大変お世話になっていて支援室の皆様にはとても感謝しています。犯人からのSNSへの書き込みが始まったのは平成26年の6月からでした。特に不安や恐怖を大きく感じるようになったのは、ライブ終了後にストーカー行為をされたことや、生き死にに関する書き込みが1日に何件もくるようになったことがきっかけです。

初めは、気にしないようにと踏ん張っていましたが、どんどん不安や恐怖が積み重なり、その重さに限界を感じていました。そんな気持ちから家族や友人に相談しましたが、犯人が急に目の前に現れて殺されそうになったとしても、私も家族も周りの人も素人なので、自分のことや誰かを守る方法は何も知りません。

そんな中でも希望を持っていたのが、警察に助けを求めることでした。家族や友人は、命より大切なものはないよと、身の危険を感じていることや助けて欲しいということを警察に伝えた方が良いと背中を押してくれました。私も、この不安や恐怖を解消するための一番良い方法だと思いました。

警察には、命の危険を感じていることがわかる資料をいくつも持っていきました。男女2人の生活安全課の方が対応をしてくれて、主に女性が話を聞いてくれました。平成26年の6月からSNSの書き込みが始まったこと、生き死にに関する書き込みが頻繁にあること、友人のSNSにも迷惑な書き込みがされていること、ライブ終了後にストーカー行為をされ命の危険を感じたことを、持っていった資料を見ながら、特に危険だと感じていたものに関しては、ひとつひとつ説明をし、「殺されるかもしれない」と不安や恐怖を訴えました。

資料が多かったため、後でゆっくり読ませてもらうと女性の方に言われましたが、ストーカー行為がされたことに関しては、そのときの状況を何度も説明すると、頷きながら聞かれていたので、理解してくれたのだと思っていました。相談に行ったときに伝え忘れたことはひとつもありません。

1/2ページ

最終更新:2016/12/16(金) 17:33
BuzzFeed Japan