ここから本文です

逃げ恥ラスト直前回、瞬間最高視聴率は“全国民祝福“のあのシーンだった

2016/12/16(金) 19:10配信

BuzzFeed Japan

新垣結衣が主演を務め、社会現象となっているTBSの火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)。15分拡大で放送された12月13日放送の第10話は過去最高となる平均視聴率17.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録しました。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

最終回前とあって、気になるポイントが盛りだくさんだった10話。もっとも視聴者の関心を集めたシーンはどこだったのでしょう。

TBSによれば、第10話の瞬間最高視聴率は18.1%。22時11分、22時12分、22時13分の3回記録されたとBuzzFeed Newsに明かします。

22時11~12分は、星野源演じる津崎平匡とガッキー演じる森山みくりがベットでついに結ばれるシーンです。

一歩進めば二歩下がる。そんなみくりと平匡の関係もついにここまで来ました。
36年間女性経験がなく、ベッドイン後に一旦逃げた平匡ですが「逃げてはダメだ」と再び、みくりの元に。ハグ、キス、そして…。

朝を迎えた2人。初めて女性と結ばれた平匡に対し、みくりはこう笑顔で語りかけます。

「おめでとうございます。きょうは、平匡さんの誕生日です」

そして平匡はこう心の中でつぶやくのです。

「36年目の新しい朝が、やってきた」

泣けます。涙が止まりません。平匡おめでとう。21世紀、もっとも感動的な童貞喪失を日本中が祝福しました。

原作者の海野つなみさんもツイッターで「平匡が生まれた日(いろんな意味で)」と祝福すれば、歌手の大塚愛さんも同じくツイッターで「ひらまささん、おめでとう!!いろんな意味で」と“さくらんぼ“からの卒業に喜びのコメントを寄せました。

続く、22時13分は百合(石田ゆり子)が風見(大谷亮平)とのことに思いをはせるシーン。最終回はみくりと平匡の関係とともに、百合と風見の関係も気になります。

ついに来てしまった最終回。みくり、平匡、そして「逃げ恥」を失った後の私たちはどうなるのか? 最終回は12月20日です!

最終更新:2016/12/16(金) 19:10
BuzzFeed Japan