ここから本文です

モイーズは日本人がお好き? サンダーランドがインテル長友獲得へ 本田と競演の可能性

theWORLD(ザ・ワールド) 1/1(日) 12:10配信

降格圏脱出のキーマンとなるか

彼は“Japanese”にどのような思い入れがあるのだろうか。かつてマンチェスター・ユナイテッドで香川真司を指導した現サンダーランド指揮官ディビッド・モイーズが、新たなサムライに目をつけている。

ドルトムントのチャンスメイカーがモイーズ政権下のユナイテッドで最高にポジティブな日々を過ごしたかは分からないが、このスコットランド人が日本人に特別な感情を抱いている可能性は否めないだろう。というのも、イタリアのミランで10番を背負う本田圭佑への関心を再三に渡り報じられてきた同監督率いるサンダーランドが、またしてもヨーロッパを舞台に奮闘するサムライへ熱視線を送っているのだ。伊『Corriere dello Sport』はプレミアリーグ18位に低迷する降格濃厚の“モイーズ軍”によるインテル長友佑都獲得の可能性を報じ、契約に動くことになると報じた。曰く「本人はインテル残留を望んでいる」とのことだが、長友も本田もクラブからの100%の信頼を確保するには至っていないのが現状だ。

これまでには中国リーグからの誘いも幾度か報じられたミラノの2人。意外にもプレミアリーグ下位を彷徨うディビッド・モイーズの下でタッグを組むことになるのだろうか。今後の展開に注目が集まりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:1/1(日) 12:10

theWORLD(ザ・ワールド)