ここから本文です

待機児童はゼロ、学費も医療費も無料。なぜデンマークは子どもの貧困率が低いのか?その驚きの政策たち

1/2(月) 9:00配信

BuzzFeed Japan

2016年11月末、いわゆる「子どもの貧困」をめぐるデンマーク大使館のツイートが話題を呼んだ。OECD主要国の子どもの貧困率(ひとり親家庭)を比べたグラフだ。日本はもはや枠からはみ出してしまっている。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

【画像】ママたちの共感呼ぶ「#子育てあるある」イラスト

この数値は、所得の中央値の半分(貧困ライン)を下回っている「相対的貧困率」を示している。

2012~3年の各国の「相対的貧困率」を比較したOECDのデータによると、その値はデンマークは4.2%だが、日本は56%と最悪の値だった。

全体の子どもの貧困率でも、デンマークは2.7%で最低。日本は16.3%と加盟国の上位に位置している。

日本の子ども貧困率は、想像以上に深刻だと言える。

貧困家庭にいる子どもは、実に6人に1人、約325万人いるとされている。

いったい、デンマークはどういう方法でここまでの状況を成し遂げたのか。BuzzFeed Newsは、大使館にその政策を聞いてみた。

「子どもは社会が育てるという価値観が根付いているんです」。デンマーク大使館の広報担当者はBuzzFeed Newsの取材にそう語る。

「親がどんなに貧困であろうと、子どもが希望すれば学べる。どんな子どもにも平等にチャンスがあるべきと考えているのです」

日本では貧困家庭に生まれた子ども達が、お金がないために十分な教育を受けられなかったり、働くために進学を諦めたり、必要な医療を受けられなかったりすることを強いられている。

そのため、子ども達自身も将来的に貧困に陥ってしまう「貧困の再生産」が大きな問題となっている。

しかし、デンマークではそういった事態を防ぐための仕組みが充実している。たとえば、こんな具合に。

出産:無料

出産にかかる費用は無料だ。また、母親は18週間の産休を取得できる。

教育:大学院まで学費が無料

小中学校は公立学校なら学費はなし。大学はすべて国立で、院まで無料だ。
日本のように教科書代などを支払う必要もない。

さらに、親と別居している学生全員に月額10万円弱の給付金が支給される。

1/2ページ

最終更新:1/2(月) 9:00
BuzzFeed Japan

Yahoo!ニュースからのお知らせ