ここから本文です

【RIZIN】所英男、年明けにも山本KID戦をアピール

イーファイト 1/5(木) 18:17配信

 2016年12月31日(土)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント Final ROUND』で、山本アーセン(KRAZY BEE)から1R1分19秒、腕十字で一本勝ちを収めてベテラン健在を示した所英男(リバーサルジム武蔵小杉所プラス)が、自身のSNSで大みそかを振り返っている。

【フォト】アーセンに極めた所が得意とする下からの腕十字

 所は「試合、勝つことができてとてもホッとしてます」と、対戦したアーセンやセコンドの仲間たち、そしてファンへのお礼を述べ、「まだまだ格闘技頑張ってやっていきます。これからもよろしくお願いします」と、39歳になっても現役で頑張ることを宣言。

 格闘技雑誌の取材を通じて交流が生まれた、那須川天心にチョークを仕掛けている写真も載せ、「RIZINで29日、31日と初めてのMMAの試合をして勝った那須川天心選手。31日はなんとニンジャチョークで勝利! 自分は練習でも極めたことがない技です。そんな那須川選手、なんと物販で所英男Tシャツを購入してくれました。言ってくれたらプレゼントしたのに…。ありがとうございます」とのエピソードを披露。さらに、「ミルコ・クロコップのような存在になったら最高ですね。いや、超えてほしいッス」と那須川にエールを送った。

 アーセンに勝った直後、マイクで「戦うストーカーの所英男です。10年間追い続けているKIDさん、RIZINで僕と試合をしてください。日本の格闘技界を一緒に盛り上げましょう」と、アーセンのセコンドに就いていた山本“KID”徳郁へ対戦をアピールした所だが、1月2日に更新したブログでも「来たるべき山本KIDさんとの対戦に備えて練習頑張ります」と、改めてKID戦をアピールしている。

最終更新:1/5(木) 18:17

イーファイト

Yahoo!ニュースからのお知らせ