ここから本文です

影の年間視聴率1位「絶対に笑ってはいけない高瀬アナ」とは?

デイリースポーツ 1/6(金) 11:00配信

 昨年大晦日の「第67回NHK紅白歌合戦」の合間に放送された5分ニュース(午後8・55)の視聴率が、関東地区40・4%、関西地区41・0%を記録し、東西で紅白後半を超え“年間1位番組”となる珍事が発生した。昨春まで朝ドラの“再放送受け”の表情が人気だった高瀬耕造アナ(41)が、今回は“ピコ太郎受け”で必死にうつむいて笑いをこらえ、ネット上が裏番組を引き合いに「絶対に笑ってはいけない高瀬アナ」と盛り上がる異例展開となった。

【写真】紅白まさかの“放送事故”で武田アナが謝罪

 5分ニュースの瞬間最高視聴率は、関東41・3%、関西41・8%だった。

 4日に発表された2016年の年間高視聴率ランキングでは、15分以上の番組が対象となり、東西とも年間1位は紅白後半(関東40・2%、関西39・5%)。合間の5分ニュースは集計外で“影の年間1位”となった。

 ただ例年、5分ニュースは「紅白前半以上、後半以下」の数字になるのが一般的。今回、高数字となったのは前半のラストに登場したピコ太郎に注目が集まり、数字を大きく引き上げたのが一因とみられる。

 しかし、これを受けた高瀬アナがネット上を盛り上げたのは予想外の展開だった。

 前半最後に登場したピコ太郎がノリノリで、制止を振り切って新曲歌唱(台本通り?)をはじめてしまい「ぽんぽこりんぽんぺんぽんぱん!」と絶叫した場面で画面がブツ切りに。シュールな形でカメラを向けられた高瀬アナは、たまらずうつむき、笑いそうになるのを必死にこらえ、真顔に戻してからニュースを読み始めた。

 ツイッターでは年またぎで「高瀬アナ」関連の投稿が激増し「高瀬アナ、よくぞ耐えた」「さすがNHKアナ」と耐えきったと見る投稿の一方で、裏番組を引き合いに「デデーン 高瀬アナ OUT!」と“判定”して楽しむツイートも相次いだ。

 高瀬アナは、昨春まで担当した「午後1時のニュース」で、直前に放送される朝ドラ再放送の「受け」が人気だった。「朝ドラ受け」と言えば、午前の朝ドラ本放送後の情報番組「あさイチ」で、V6・井ノ原快彦と有働由美子アナが感想を語り合うのがメジャーだが、昼の高瀬アナは多彩な表情が話題に。

 13年朝ドラ「あまちゃん」などで、物語のラストがほのぼのした展開なら、ニュースに切り替わった瞬間に微笑みをみせ、ラストが波乱展開なら心配そうな表情、時に感動してか目を潤ませたような表情もみせていた。

 最近では大河ドラマ「真田丸」の最終回前の「ニュース7」で「おのおの、ぬかりなく」とドラマの名セリフを口にしたことも。

 なお、ビデオリサーチによると、高視聴率ランキングで15分未満番組を対象外としているのは、1分番組もある中で、線引きは難しいが、より視聴者動向を反映したランキングとするため、朝ドラが15分であることなども踏まえ、ルール設定しているという。(数字はビデオリサーチ日報調べ)

最終更新:1/6(金) 14:14

デイリースポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ