ここから本文です

【NBA】レブロンとK.アービングがけん引、キャブスがネッツ下す

ISM 1/7(土) 16:04配信

 クリーブランド・キャバリアーズは現地6日、敵地でブルックリン・ネッツと対戦し、116対108で勝利。レブロン・ジェームズが36得点、9リバウンド、カイリー・アービングが32得点の活躍でけん引した。

 キャブスは前半、アービングとケビン・ラブがシュートに苦戦し、第2Q残り約5分の時点でネッツにリードを許していたが、残り3分09秒からレブロンが1人で10得点をマーク。50対39でハーフタイムに突入すると、後半は最大24点差まで突き放すなど余裕の試合運びで、ロード6連戦の初戦を白星で飾った。

 キャブスは今季27勝8敗。アービングは尻上がりに調子を上げ、フィールドゴール(FG)26本中10本に成功。ラブは、4本のスリーポイントシュートを含む17得点、13リバウンド、トリスタン・トンプソンは10得点、9リバウンドの成績だった。

 一方のネッツは、ボーヤン・ボグダノビッチが23得点、ルーキーのキャリス・ルバートがシーズンハイの19得点。ブルック・ロペスが17得点、トレバー・ブッカーは13得点、12リバウンドを記録した。ネッツはこれで5連敗となり、今季8勝27敗と不振にあえいでいる。(STATS-AP)

最終更新:1/7(土) 16:04

ISM

Yahoo!ニュースからのお知らせ